データの一覧から、特定のデータの個数や合計を求めたいことがよくある。下図はその一例で、ここでは女性と男性の人数、それぞれの購入額合計を求めたい。短時間で結果を得るにはどうすべきか。

A:D列の表から、G2:G3には男女別の人数、H2:H3にはそれぞれの購入額合計を算出したい。さて、どうしよう
[画像のクリックで拡大表示]

 ここはやはりCOUNTIF関数とSUMIF関数の活用で決まりだろう。COUNTIF関数は条件に合致する値の個数を返し、SUMIF関数は条件に合致する値の合計を計算する。関数名にIFとあるように、いずれもIF関数の親戚筋と考えればよい。

COUNTIF関数 統計関数
=COUNTIF(範囲、検索条件)
検索条件に一致する値の個数を返す。 (1)範囲 計算対象にする範囲を指定する。 (2)検索条件 数値や文字列、数式を指定する。文字列や数式は「"(ダブルクォーテーション・マーク)」で囲むこと。
SUMIF関数 数学/三角関数
=SUMIF(範囲、検索条件、合計範囲)
検索条件に一致する値の合計を返す。 (1)範囲 検索対象となる値を含む範囲を指定する。 (2)検索条件 検索条件を指定する。 (3)合計範囲 和を求める値を含む範囲を指定する。合計範囲が(1)と同じ場合は省略可能。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら