まず、下図を見てもらいたい。これは図形描画機能で作成した図形だ。しかし、Excelの「挿入」タブにある「図形」のメニューを見ても、このような形状の図形は存在しない。では、どうやって作ったのか。

「図形」のメニューにない変わった形状の図形。しかしこの図形も図形描画機能を用いて作成したものだ
[画像のクリックで拡大表示]

パワポの機能をちょっと借りる

 実はこの図形、ベン図の2つの円が重なった、その重複部分を切り出したものだ。ただし、Excelのみでの作成は不可で、PowerPointの機能をちょっと借りなければならない。

 まずここでは、Excelのシートに背景色が白で互いに重なる2つの円を作成する。次にこの2つの円をカットして、PowerPointの書類にペーストする。

 次にPowerPointの「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックして、「その他のコマンド」を選ぶ。「PowerPointのオプション」が開くので、「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」を選ぶ。

 コマンドの一覧を下方にスクロールすると、「図形の切り出し」というコマンドがある。これをクリックして、「追加」ボタンを押す。すると「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」のコマンド一覧に「図形の切り出し」が追加された。「OK」ボタンを押そう。

Excel側で作った背景色が白で互いに重なる2つの円をカットして、PowerPointにペーストする。次にPowerPointの「クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックして、「その他のコマンド」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」を選び、一覧から「図形の切り出し」を選ぶ。さらに「追加」を押して、「クイックアクセスツールバー」に「図形の切り出し」を追加する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら