Excelでは別のシートにあるデータを流用できる。そうなると、別のブックにあるデータも利用したくなる。しかしそんなことができるのか。もちろんできるし、こちらにもいろいろなテクニックがある。

効率的に作業するヒント

 まずはデータが入力されている既存のブックと作業用のブックを開く。2つのブックで作業する場合、「表示」タブから「整列」を選び、ダイアログが開いたら「左右に並べて表示」を選択して「OK」ボタンを押す。こうしておくと、2つのブックを左右に並べられ、双方を往来しながらの作業がとても楽になる。

2つのブックを往来する場合、「表示」タブ→「整列」→「左右に並べて表示」で2つのブックを並べて表示する。
[画像のクリックで拡大表示]
既存のブックと作業用ブックを並べて表示できた。こうしておくと作業の効率化を図れる
[画像のクリックで拡大表示]

 既存のブックから作業用ブックに一部のデータを流用する場合、既存ブックの目的個所をコピーして、作業用ブックにペーストすればよい。これにはちょっと変わった方法があって、既存ブックの目的個所を選択し、[Ctrl]キーを押しながら選択範囲の外枠をドラッグして、作業用ブック側にドロップする。この方法でも、一部データを別のブックにペーストできる。

既存ブックのデータを選択し、選択した範囲の外枠を、[Ctrl]キーを押しながらドラッグして、作業用ブックにドロップする。結果はコピー&ペーストと同じだ
[画像のクリックで拡大表示]

 また、一部データではなく、シート1枚丸ごと作業ブックに持って行きたいこともあるだろう。この場合、既存ブック側のインポートしたいシートのタブを右クリックして、「移動またはコピー」を選び、「移動先ブック名」から作業用ブックを選び、「コピーを作成する」をチェックした後に「OK」ボタンを押す。

 もっとも、こちらにもマウスとキーボードを使ったショートカットがある。[Ctrl]キーを押しながら既存ブックのシートタブをドラッグして、作業用ブックのシートタブの列にドラッグしてみよう。これでシート丸ごとコピーできてしまう。

[Ctrl]キーを押しながらシートタブをドラッグして、作業用ブックにドロップする。一発でシートを丸ごとコピーできる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら