Excelでは決められた値を繰り返し入力しなければならないことがよくある。このような場合、入力ミスを防ぐためにドロップダウンリストを用いたい。

ドロップダウンリストを設定する

 ドロップダウンリストは、指定した値または指定した範囲にある値をメニューに表示し、そこから目的の値を選択できる機能だ。

 下図の例では、D列にはそれぞれのメンバーの「ランク」をドロップダウンリストを用いて表示できるようにする。「ランク」は「ゴールド」「シルバー」「ブロンズ」「レッド」の4種類でA列に表記してある。

 まず、D列の列見出しをクリックしてD列全体を選択する。次に「データ」タブから「データの入力規則」を選ぶ。ダイアログが現れるので、「入力値の種類」から「リスト」を選択する。「空白を無視する」「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認して、「元の値」にカーソルを置き、A2:A5を選択する。

D列を選択して、「データ」タブの「データの入力規則」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
「データの入力規則」ダイアログで「入力値の種類」から「リスト」を選ぶ。次に「元の値」にカーソルを置いてA2:A5を選択する 。カンマ区切りで値を直接入力する方法もある
[画像のクリックで拡大表示]

 以上の設定ができたら「OK」ボタンを押す。では、D列のセル(今回はD2)をクリックしてみよう。セルの右横に「▼」ボタンが現れた。これをクリックすると、指定した4種類の値をメニューに表示できた。目的の値を選ぶと、その値をセルに入力できる。

D列のセルを選択すると、右横に「▼」ボタンが現れる。この「▼」ボタンをクリックすると指定した値がメニューとして表示される
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら