ガントチャートはプロジェクトの進捗管理やスケジュール管理などに用いる。仕事にとても役立つツールだ。ところが、Excelが備えるグラフの種類にはガントチャートがない。そのため図形機能を用いてガントチャートを作成した経験を持つ人もいるのではないか。

 実は、次に挙げる方法を用いると、グラフ機能で簡単にガントチャートを作れてしまう。

スケジュール管理などで使われるガントチャート
[画像のクリックで拡大表示]

ポイントは表の仕様にあり

 ガントチャート作成のポイントは、グラフの基にする表の仕様にある。表には、「タスク名」「経過日数」「所要日数」の3つの系列を用意する。

 最初の「タスク名」の列には、個別の作業名を入力する。続く「経過日数」にはその作業の開始が、初日から数えて何日経過しているかを入力する。プロジェクトの初日から始まる作業ならば経過日数は「0」だし、3日後ならば「2」になる。最後の「所要日数」は、その作業に要する日数を入力する。

ガントチャートの基にする表を作成した。表には「経過日数」をとるのがポイントになる。B3セルには「=SUM($C$2:C2)」という数式を入力した
[画像のクリックで拡大表示]
B3セルの数式をB7セルまでオートフィルする。これでガントチャートの基になる表ができた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら