実数と割合のように、棒と折れ線を組み合わせたグラフを作りたいことがよくある。かつて、このような複合グラフを「Excel 2003」などの古いバージョンで作ろうとした場合、かなり工夫が必要だった。しかし今や、ずいぶん容易に複合グラフを作れるようになっている。

 まず、グラフにしたい範囲を選択して、「挿入」タブから「複合グラフの挿入」ボタンをクリックし、「集合縦棒・折れ線」を選択する。一発で棒と折れ線からなる複合グラフが出来上がる。

棒と折れ線からなる複合グラフが一発で出来上がった。しかし顧客数の棒の高さがあまりにも低過ぎる
[画像のクリックで拡大表示]

 しかしこのままでは、棒の高さがあまりにも低過ぎてほとんど見えない。これは、「売上高」の値に比べて、「顧客数」の値があまりに小さいからだ。

 そもそも売上高の単位は「円」、顧客数の単位は「人」になっている。それなのに同じ軸で表現しようとするからこんなアンバランスなことになる。このような場合は、第2軸を設定する。

 折れ線をダブルクリックすると、「データ系列の書式設定」作業ウインドウが開く。ここにある「第2軸(上/右側)」にチェックを入れると、右側に第2軸が出来上がる。これによって「顧客数」は第1軸、「売上高」は第2軸に準拠し、棒も常識的な高さになった。

まずはグラフサイズを調整する。その後折れ線グラフをダブルクリックして「データ系列の書式設定」作業ウインドウの「第2軸(上/右側)」にチェックを入れる
[画像のクリックで拡大表示]

必要なグラフ要素を追加する

 しかしながら、このままではまだ他人には見せられない。「グラフタイトル」「軸ラベル」「データラベル」はグラフに必須要素だったことを思い出してほしい。これを欠いたままでは駄目だ。

 まず、「グラフタイトル」を選択し、「数式バー」をクリックして「=」と入力する。さらにA1セルをクリックして[Enter]キーを押す。これでA1に入力してあった「顧客数と売上高」をグラフタイトルにできた。

グラフタイトルはA1セルに入力してある「顧客数と売上高」を流用する
[画像のクリックで拡大表示]
[Enter]キーを押すと、A1セルに入力してある「顧客数と売上高」をタイトルにできる。以前にも紹介したこのテクニックはぜひとも使いこなしたい
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら