住宅の建設過程を記す家ブログを活用する建て主は、互いに助け合う意識をどれだけ持っているのだろうか。日経ホームビルダーは家ブログを開設する建て主への独自調査を実施。その連帯意識を探るため、家ブロガー同士が集うコミュニティーへの参加経験を尋ねた。意外にも、コミュニティーへの参加率は、約5割にとどまった〔図1〕。工務店に依頼した人もハウスメーカーに依頼した人も、同じ傾向だ。

Q 家ブログのコミュニティーに参加している?
〔図1〕家ブログを書いている建て主は、どの程度、家ブログを通じて横のつながりを持っているのか。家ブログの経験者に家ブログのコミュニティーへの参加の有無を尋ねた。全体では参加している人の比率は約5割。建築依頼先にかかわらず、同じ傾向だ。家ブログを書いているからといって、積極的にコミュニティーに参加するわけではないようだ(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 コミュニティーに参加するタイプの建て主は、相談する場としてコミュニティーを活用する傾向が強い。間取りや建材・設備の悩み、欠陥などの相談をする際にコミュニティーを利用する経験や意向があるかを尋ねたところ、8割超の人が利用の経験や意向があった〔図2、3〕。他方、「全く相談しない(しなかった)」と回答した人はゼロだった。

Q 間取りや建材・設備選びに悩んだら相談する?
〔図2〕家ブログのコミュニティーに参加している人は、どの程度積極的に活用しているのか。間取りや建材・設備選びに悩んだ場合に、コミュニティーを活用して相談するか、意識を尋ねた。「積極的に相談する」(30.6%)、「どちらかというと相談する」(55.1%)と、活用に前向きな建て主は8割を超えていることが分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
Q 欠陥やトラブルを相談する?
〔図3〕家ブログのコミュニティーに参加している人は、欠陥やトラブルが生じた場合、コミュニティーを相談先として活用するのか尋ねた。「積極的に相談する」(28.6%)、「どちらかというと相談する」(55.1%)と、8割超の人が相談するために活用することが分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、家ブロガーには自分自身のブログで、他の人からアドバイスをもらう意識があるか否かを確かめた。欠陥やトラブルがあった場合に、自分のブログで他の人に相談するか否かを尋ねたところ、「積極的に相談する(した)」「どちらかというと相談する(した)」と答えた人を合わせると5割以上の人が助言を求めたいと考えていると分かった〔図4〕。

Q 欠陥やトラブルの相談にコメントをもらう?
〔図4〕トラブルなどの問題が起こった場合、家ブログをやっている建て主は自分のブログで他の人に相談を求めたりするのか。自分のブログを相談ツールとして活用する意識を尋ねたところ、「積極的に相談する」(21.4%)、「どちらかというと相談する」(36.9%)と、2つを合わせた人の比率は6割近くに上ると分かった。ただし、工務店に依頼した建て主の場合、「全く相談しない」(21.9%)、「どちらかというと相談しない」(6.3%)と回答した、相談ツールとして活用しない人の比率が約3割であることも分かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら