自分の家ブログを持っている注文住宅の建て主は、建築依頼先を選ぶ際に、他人の家ブログを参考にする傾向が強いことが分かった。日経ホームビルダーの独自調査では、「とても参考にした」「少し参考にした」を合わせた、家ブログ参照の積極派が7割を上回っていた〔図1〕。工務店に依頼した人も、ハウスメーカーに依頼した人も、ともに7割を超えていた。

(イラスト:柏原 昇店)
[画像のクリックで拡大表示]
Q 建築依頼先を選ぶ際に、他人の家ブログを参考にした?
〔図1〕建築依頼先を選ぶ際に、家ブログを参考にする建て主は多いようだ。全体では、「とても参考にした」(25.2%)と「少し参考にした」(50.5%)を合わせた、参考にした人の比率が7割を超えた。特に工務店に依頼した建て主の場合、家ブログを参考にする意識が高く、「とても参考にした」と回答した人の比率が4割に上った(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 なかでも、工務店に依頼した人が参考にする程度は大きく、約4割が「とても参考にした」と回答。工務店に依頼する人にとって、家ブログは重要な情報源となっている。

 では、どのような内容を参考にしているのか。上位は「打ち合わせの内容」「工事の進捗状況」「施工ミスなどのトラブル」「点検や検査の様子」だった〔図2〕。工務店に依頼した人の場合は、これに加えて、「キッチンや浴室、ポストなど設備の情報」「壁紙やフローリングなど建材の情報」「家具や照明などインテリアの情報」への注目度が高いことが分かった。

Q 他人の家ブログで参考にした内容は?
全体(n=100)
(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
工務店に依頼(n=30)
(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]
ハウスメーカーに依頼(n=51)
〔図2〕他人の家ブログを見て、どのような内容を参考にしているのだろうか。全体の傾向では、「打ち合わせの内容」(66.0%)が最も多かった。「工事の進捗状況」(52.0%)、「施工ミスなどのトラブル」(50.0%)、「点検や検査の様子」(50.0%)と続く。工務店に依頼した建て主の場合は少し傾向が異なっていた。打ち合わせの内容や進捗状況を参考にしている人が多かったほか、「施工ミスなどのトラブル」(56.7%)、「間取りなど設計の情報」(56.7%)、「キッチンや浴室、ポストなど設備の情報」(50.0%)が5割に上った。少しでも他の人が評価する部分を参考にして家づくりに挑もうという意識が高いためだと考えられる(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら