近年、住宅建築の様子をブログに記す人が増えている。住宅の建て主は、なぜ家ブログを始めたのか。日経ホームビルダーが家ブログを開設する建て主に実施した独自調査において、家ブログに取り組む理由が判明した。最も多かった回答は、「家ができる過程を記録したかったから」だった〔図1〕。

(イラスト:柏原 昇店)
[画像のクリックで拡大表示]
Q 家ブログに取り組む理由は?
〔図1〕全体では、家ブログを書く理由で最も多かったのは「家ができる過程を記録したかったから」(62.1%)だった。日記と同じように、記念として記録する目的意識が強いようだ。理由のトップは建築依頼先別に見ても同じだったが、2位以下では差が表れた。工務店に依頼した建て主は、「会社とのやり取りを記録するため」(46.9%)、「家づくりの参考にしてほしいから」(43.8%)、「自分が他の人の家ブログを見て参考になったから」(40.6%)と、家ブログを積極的に活用する意見が多かった(資料:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 建築の依頼先別に見ると、工務店に依頼した建て主には特徴があった。「会社とのやりとりを記録するため」「家づくりの参考にしてほしいから」「自分が他の人の家ブログを見て参考になったから」という理由がハウスメーカーに依頼した人よりも多いのだ。

 工務店に依頼する場合は、一般的にハウスメーカーに依頼する場合と比べて情報を入手しにくい。情報量の差を埋めるために、情報共有しようという意識が働くと考えられる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら