企業のITは経営と連動し、競争戦略に直結するものが増えてきた。IT部門に要求されることもより複雑で高度になり、迅速な対応が求められている。本特集では日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が実施した最新の調査結果をまとめた「企業IT動向調査2018」を基に、2018年度の企業ITをめぐる重要テーマを5回にわたって紹介する。

 ITを活用して新たな価値を創造したり、業務プロセスを変革したりするビジネスのデジタル化。国内企業でも、取り組みは加速している。

 そんな中、企業のITは経営と連動し、競争戦略に直結するものが増えてきた。IT部門に要求されることもより複雑で高度になり、迅速な対応が求められている。

 本特集では日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が実施した最新の調査結果をまとめた「企業IT動向調査2018」(概要は末尾)を基に、2018年度の企業ITをめぐる重要テーマを5回にわたって紹介する。第1回はIT投資の動向について解説する。

IT投資の伸びは過去10年で最高

 2017年度はIT予算を前年よりも増やしている企業が多い。2017年度の「計画」(調査実施年度の計画値で、当該年度のIT予算の実績値に近い数値)を見ると、回答企業の約半数に当たる51.3%が、16年度よりも増加したと回答している。減少したと回答した企業の割合は21.5%にとどまった。

過去3年間のIT予算の増減。「計画」は調査実施年度の計画値で、当該年度のIT予算の実績値に近い数値と考えられる。「予測」は、次年度の予測値を示す
(出所:日本情報システム・ユーザー協会、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「増加」の割合から「減少」の割合を引いたディフュージョン・インデックス(DI)値は、17年度計画では29.8ポイント。16年度計画(21.7ポイント)から増加しており、IT投資が活発化している傾向がうかがえる。

 2016年度の調査では、2017年度予測のDI値は17.7ポイントだった。それが2017年度調査の結果、2017年度計画のDI値はこの予測を12.1ポイント上回った。この1年で、IT予算の増加を決めた企業が多いことが分かる。

 2018年度のIT予算はさらに増加しそうだ。2018年度予測については、全体の40.7%が「増加」、45.5%が「不変」(前年度並み)と回答した。DI値は27.0ポイントと、2017年度(17.7ポイント)を9.3ポイント上回った。この数値は、過去10年で最も高い。

IT予算のDI値の推移
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら