展示会などのイベントでにぎわいを見せている「フードテック」「スマートキッチン」分野。2019年1月8~11日に米国ラスベガスで開催された「CES 2019」でも、関連する展示が大いに盛り上がっていた。前回に引き続き、その様子を紹介する。

2019年は“ビールテック”元年か

 調理や食材に関する機器のほか、続出していたのが酒関連の製品である。もともと奥深い世界だが、IoT技術などを利用することで、さらに多様に楽しめる環境が整いつつある。

 「飲む楽しみ」に加えて「造る楽しみ」を提案していたのが、LG電子の家庭でビールを醸造するというスマートホームブリュワリー機「LG HomeBrew」。モルト、イースト、ホップオイル、フレーバーを含む使い捨てカプセルをセットしてボタンを押すだけで、発酵、炭酸化、熟成まで自動で行う。そのままビールサーバーとして使えるうえに、クリーニングまで自動と、至れり尽くせり。約2週間で最高5リットルのビールを造ることができ、醸造状況はスマホアプリでチェックできるようになっている。

LG電子のスマートホームブリュワリー機「LG HomeBrew」
(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]
カプセル形の材料を使う簡単な方式を採用
[画像のクリックで拡大表示]

 海外メディアの熱い注目を浴びていたのは、パナソニックのグループ会社で実質的に新規試作開発などを受け持つShiftallが開発した、クラフトビール向け IoT冷蔵庫「DrinkShift」だ(プレスリリース)。最大14本を収納できるクラフトビール専用冷蔵庫にセンサーを内蔵し、飲んだビールを自動的に再発注するというサービスと組み合わせる。

 あらかじめユーザーがビールの組み合わせを決めておくと、冷蔵庫内のビール残数のリアルタイム計測データと共に、ユーザーごとのビール消費ペースと自宅までの配送日数などを学習したデータを使い、ビールを切らすことがないように自動的に再発注するという。国内で年内のサービス開始を予定しているとのことで、筆者としては登場を待ち望んでいる。

Shiftallの「DrinkShift」専用冷蔵庫
専用冷蔵庫とクラウドサービスを組み合わせることで、クラフトビールの自動発注サービスを予定する(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら