1990年代後半から2000年代前半、独自技術を採用し、クライアント/サーバー型のアプリケーション開発を効率化するためのツールがブームになった。それから約20年。クラウドやモバイル活用が当たり前になった今、そうしたアプリケーション開発ツールは進化を続けている。一世を風靡したあのツールは今、どう姿を変え、活用されているのか。その最前線を伝える。

 クライアント/サーバー(C/S)型からWeb、そしてクラウドへと企業システムのアーキテクチャーは移り変わってきた。こうした中、提供する基本機能は20年以上変わらないまま、クラウドやデジタル分野の新たな用途で利用を増やしているツールがある。

 その1つが、米IBMが開発・販売する「IBM MQ」だ。日本IBMの恩田洋仁第四クラウド・テクニカル・セールス シニアITスペシャリストは、「クラウドネイティブなシステム開発でも、非同期型でメッセージをやり取りするというMQの機能が必要とされるようになってきた」と話す。

 IBMのMQは1990年代、メインフレームとオープンシステムを連携する目的で導入されることが多かった。「実際にメインフレームと他システムを連携するために導入するケースは今も多い」と恩田シニアITスペシャリストは話す。こうした古くからの使い方と合わせて、新規に増えているのがクラウド環境やデジタル向けのシステムでの利用だ。

 特に「マイクロサービスアーキテクチャーを採用したシステムでのサービス間連携や、オンプレミスのシステムとクラウド上のシステムとの連携での利用が増えている」と恩田シニアITスペシャリストは話す。

IBM MQの最近の使い方の例
[画像のクリックで拡大表示]

 機能ごとに分けたサービスを疎結合で連携しながら1つのシステムとして動作させるマイクロサービスアーキテクチャーの場合、「非同期連携というMQの機能によって耐障害性が高まる」と恩田シニアITスペシャリストは説明する。IBM MQの機能を利用して1つのサービスに障害が発生しても、他のサービスに影響しないように設定できるためだ。

 MQを使ったオンプレミスとクラウドシステムとの連携も増えている。「クラウド間の連携ならば、クラウドベンダーが提供するMQサービスでも可能かもしれない。しかしオンプレミスのシステムとの連携は、クラウドベンダーが提供するMQ機能では実現しにくいのではないか」と恩田シニアITスペシャリストは強調する。クラウドであってもオンプレミスと連携したいというニーズはあり、「この分野はメインフレーム時代から積み重ねてきた機能や信頼性が生きる」と恩田シニアITスペシャリストは強調する。

 IBMは今、MQ自体のクラウド化やコンテナ化を進めている。「クラウド化によって、コストの制約でMQを購入できなかった中小企業がMQを使えるようになる。コンテナ化によってMQを試せる。どちらもMQの用途を広げる施策だ」と恩田シニアITスペシャリストは話す。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら