日経AutomotiveのDisassembly Report「2モーターで自由度の高いシステム ホンダ『アコードハイブリッド』(上)」の転載記事となります。

 今回取り上げるのは、2014年1月にひろしま産業振興機構のカーテクノロジー革新センター・ベンチマーキングセンターが分解したホンダ「アコードハイブリッド」である。分解は呉市の広島県立総合技術研究所西部工業技術センターで実施した(図1)。まず、そのハイブリッドシステムを中心としたパワートレーン部分を紹介する。

図1 ホンダ「アコードハイブリッド」の分解
ひろしま産業振興機構のカーテクノロジー革新センター・ベンチマーキングセンターが、実施したホンダ「アコードハイブリッド」の分解作業。呉市にある広島県立総合技術研究所西部工業技術センターで行った。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら