日経AutomotiveのDisassembly Report「メガサプライヤーが名を連ねる Volkswagen社『ポロ』(下)」の転載記事となります。

 今回のドイツVolkswagen(VW)社「ポロ」の分解レポートは、内外装に使われた部品を見ていく。取材の舞台は前回同様、埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター埼玉が部品を一般公開した埼玉県産業技術総合センターである(図12)。共用化が徹底している部品では、VWグループの全ブランドが刻印されているケースもあるが、今回取り上げた部品はVW専用品が多かった(図3)。また、ドイツBosch社を筆頭に、欧米メガサプライヤーの存在感が高かった。

図1 「ポロ」の部品展示
埼玉県産業技術総合センターでVolkswagen社「ポロ」の分解部品が一般公開された。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Volkswagen社「ポロ」
南アフリカで生産している英国仕様を分解した。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 部品の刻印
部品共通化が徹底しているエアフィルターでは、Volkswagen、Audi、Seat、SkodaとVolkswagenグループの4ブランドのマークが並ぶ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら