日経AutomotiveのDisassembly Report「エンジン部品は欧州中心に調達 Volkswagen社『ポロ』(中)」の転載記事となります。

 今回のドイツVolkswagen社「ポロ」の分解レポートは、排気量1.2Lのディーゼルエンジンを詳細に見ていく。埼玉自動車大学校での分解作業の後、埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター埼玉が開催した分解部品の一般公開の場を訪れ、直列3気筒ディーゼルエンジンの採用部品を調べた(図1)。そこにはVolkswagenグループの多国籍性、特にEU(欧州共同体)圏の数多くの部品メーカーと構築した大規模な調達システムの有り様が垣間見られた。

図1 「ポロ」の分解部品
埼玉県産業技術総合センター(埼玉県川口市)の展示室においてVolkswagen社「ポロ」の分解部品が一般公開された。
[画像のクリックで拡大表示]

Euro5対応のディーゼルエンジン

 分解したポロは、2012年の英国仕様車である(図2)。2009年に発表された同車は、日本では2014年8月に部分改良しており、今回の車両は部分改良前の仕様だ。ディーゼルエンジンは排気量1.2Lの直列3気筒ターボで、燃料噴射にはコモンレール式を採用している。

図2 Volkswagen社「ポロ」
今回の車両は昨年の部分改良前の2012年式英国仕様で、排気量1.2LのTDI直列3気筒ターボディーゼルエンジンを搭載する(写真は左ハンドル車)。
[画像のクリックで拡大表示]

 排ガス規制は、Euro5への対応で、DPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)を搭載。また、3気筒特有の振動をなるべく抑えるために、バランス軸も採用した。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら