日経AutomotiveのDisassembly Report「南アフリカ生産のディーゼルモデル Volkswagen社『ポロ』(上)」の転載記事となります。

 今回の分解レポートでは、本連載で初めてとなる欧州メーカー製のクルマを採り上げる。対象車はドイツVolkswagen社のBセグメント車「ポロ」である(図1)。日本市場で未導入の英国仕様であり、排気量1.2Lの直列3気筒ディーゼルエンジンを採用している。11月上旬の2日間にわたって埼玉県伊奈町にある埼玉自動車大学校で開催された、埼玉県産業振興公社の次世代自動車支援センター埼玉が主催する「車両分解見学会」の様子を報告する。

図1 Volkswagen社「ポロ」
部分改良前の仕様で、排気量1.2Lのディーゼルエンジンを搭載する英国仕様。生産国は南アフリカ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら