この6月に米国シリコンバレーに出張し、自動運転車の開発メーカーである米ウェイモ(Waymo)を取材、自動運転車に試乗し(写真1、2)、その完成度の高さに感心した。運転席に担当者が乗っていたものの、ステアリングには触れることは一切なし。交差点の左折で、左折ラインに入り、信号が赤になると急に止まったため初めは怖さを覚えたが、青信号になると左折して確実に走行車線に入ったので安心した。日本の左側通行に慣れた筆者は、右側通行の米国で運転する際、左折時に戸惑っていたので、筆者よりも上手に左折していると感じるほどだった。

写真1 試乗したウェイモの自動運転車。試乗中の内部の様子の撮影は禁止された
(撮影:日経BP総研 クリーンテックラボ。以下、同)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2  ウェイモ本社周辺を走る、同社の自動運転車
[画像のクリックで拡大表示]

 ウェイモは、2017年7月からアリゾナ州フェニックス市で運転席にドライバーのいない無人の自動運転車両の公道テストを開始、2018年中に、自動配車サービスである「ライドヘイリング・サービス(ride-hailing service)」を同市で開始すると発表している。いよいよ、ドライバーレスの自動運転車は実用化の時期に突入する。

 同社は、ライドヘイリング・サービスに続いて、物流会社向けのロジスティックサービス、自治体向けの公共交通機関の一部として提供するサービス、自動車メーカーにライセンス供与して個人が使うパーソナルユース向けという合計4個のビジネスモデルを検討しているという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら