自動運転技術の発展を見る中で、2017年は歴史的な“事件”が起こった年として語り継がれることになりそうだ。その事件とは、「自動運転レベル3の市販車への搭載」が発表されたことである(写真1)。

 レベル3とは、一定の条件下において、ドライバーが運転操作をしなくてもクルマが自律的に運転操作を実行する自動運転技術のこと。レベル3の自動運転モードで走行している場合、運転責任はクルマにある。

写真1 自動運転レベル3の自動運転技術「Audi AI Traffic Jam Pilot」を搭載予定の「新型Audi A8」(出所:アウディ)
高速道路などでの交通渋滞(時速60km以下)時に、クルマがドライバーに代わって運転操作を引き受ける。作動中、ドライバーはクルマの動きと道路を監視する必要はないが、システムから要求された場合には運転操作に復帰することが求められる。
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、クルマが要請すればドライバーは運転操作に復帰しなければならないし、ドライバーレスの無人運転の世界から比べると、まだまだ制約だらけだったりする。それでも、私は大きな一歩だと考えている。どのような条件であっても、「ドライバーが運転操作をしなくても、クルマが責任を持って安全に自律走行する」という世界が現実になるのは、“今までゼロだったものが1になった”といえるように思うからだ。この1を10にして、100にして、最終的にドライバーレスの「自動運転社会」に。。。もちろん、法制度面でも保険制度面でも課題は山積みだが、完全自動運転車の実用化に向けて、大きな一歩を踏み出したことは間違いないだろう。

 それでは、ちょっと先走っているかもしれないが、完全自動運転車が世の中に出回ったときの新しいビジネスを考えてみたいと思う。