SUBARU(スバル)は、新型SUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル)「フォレスター」に搭載するガソリンエンジンを改良した。吸気ガスに占める排ガスの比率である排ガス再循環(EGR)率の最大値を30%超に高めた。世界最高水準とみられ、燃費性能を高められる。

 30%超えを達成したのは、排気量2.0Lの水平対向4気筒ガソリンエンジン「FB20」の改良機。自然吸気の直噴で、最高出力10kWのモーターと組み合わせる簡易HEV用エンジンである。

[画像のクリックで拡大表示]
XVに搭載する改良前の水平対向4気筒ガソリンエンジン「FB20」(出所:スバル)

 排ガスを吸気側に多く戻してEGR率を上げると、吸気弁の閉じ量を減らしてポンピング損失を抑えられる。EGRクーラーを通過させて排ガスを冷やす、いわゆるクールドEGRとした。EGR率が最も高くなるのは、エンジン回転速度で1000~2000rpmの常用域。

 ガソリンエンジンの燃費性能を高める手段の一つとして、EGR率を上げることは近年の主流である。燃費性能を高めた各社の主力エンジンで、せいぜい20%台後半だった。

 例えばトヨタ自動車が「プリウス」に搭載するハイブリッド車(HEV)用ガソリンエンジンでは最大28%(関連記事)。ホンダが「アコード」に採用した最高熱効率で40%を超えた高効率エンジンでは、同23%である(関連記事)。スバルの同30%超えは、驚異的な水準だ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら