これからの高齢化社会で、住宅に求められる機能とは何か。その1つは間違いなく、在宅介護の仕組みだろう。

 どんなに人工知能(AI)やロボットの進化が早くても、高齢者の世話ができるのは当面、人間だけだ。介護の現場では、テクノロジーで解決できる課題は限られている。それでも介護する側もされる側も、少しでも負担を軽くしたいものだ。日本が抱える喫緊の課題といえる。もはや誰も他人事とはいえない。

 高齢者のなかには住み慣れた家や地域で、ゆっくりと余生を過ごしたいと考えている人が大勢いる。介護施設には入りたくない人もいるし、そもそも施設の数には限りがある。費用もかかる。

 介護するうえで重要なのは、高齢者一人ひとり異なる体調や行動、症状などを、まずは正しく理解すること。しかし、これが相当難しい。ずっと付き添って見ているわけにもいかないからだ。特に、単身で暮らす高齢者の様子を、どうやって見守ればいいのか。ここにIoT(インターネット・オブ・シングズ)を生かす実践的な試みが始まっている。

高齢者の行動パターンを知ることが第一歩

 1日の大半の時間を自宅で過ごす高齢者が24時間365日、どんな生活を送っているのか。これが正しく分からないと、認知症なのかどうかなども診断しにくい。そこで最近は、ホームセキュリティを提供するセコムやALSOK(綜合警備保障)などが相次いで、高齢者の見守りサービスを拡充してきている。

 カギとなるのが、高齢者の動きや室内の様子を監視するセンサーだ。ホームセキュリティは、IoTという言葉が生まれるずっと昔から、家庭内にセンサーを備え付けてきた先駆的なサービスである。

 そして今、IoT家電などを提供するメーカーも様々なセンサーを開発し、高齢者の見守りに乗り出している。代表例がパナソニックの「エアコンみまもりサービス」である。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら