IoT(モノのインターネット)技術の革新が、住宅業界に関連したビジネス市場を大きく変えようとしている。Amazon Echo(米アマゾン・ドット・コム、Amazon.com)やGoogle Home(米グーグル、Google)といったAIスピーカーの登場で、その熱は一気に高まった。住宅のIoT化、いわゆる“IoT住宅”を旗印に、業界の垣根を越えた市場争奪戦が始まろうとしている。

 ミサワホームは住宅会社として、このIoT革新にいち早く取り組んだ企業の1つだ。AIスピーカーが日本に上陸するよりも前にIoT住宅のプラットホーム「LinkGates(リンクゲイツ)」を開発。2017年4月には、同社が建築する住宅に実装できる製品として販売を開始した。

30年前にまいた種が成長

 ミサワホームが早い段階でIoT住宅を手掛けられたのには理由がある。それは、30年ほど前から脈々と受け継がれてきた、住宅の革新に関する研究があったからだ。

 1990年ごろ、日本の住宅業界ではホームオートメーション(HA)が注目を集めていた。家電や設備機器を情報ネットワークで接続して制御することで、さまざまなサービスを居住者に提供するという考え方だ。ミサワホームのシンクタンクであるミサワホーム総合研究所は、HAをベースに住宅内で活躍するロボットの開発に取り組んだ。

 例えば、グルメロボットの「ハイテクキッチン」は、料理を支援する機能を搭載した〔写真1〕。さまざまな料理のレシピをデータベース化しておき、そのデータを基にキッチンが料理のカロリーを計算したり調理方法を示したりする。「カウチシアターロボ」は部屋中を移動できるソファーだ〔写真2〕。室内を移動するだけでなく、座ったままの状態で、照明や空調、テレビなどを操作できる。ほかにも、シャワーや洗面、トイレを1つの空間にまとめた「ハイテクバスロボット」を開発〔写真3〕。これらのロボット開発を通じて、住まいの快適さや居心地の良さに関わる機能を研究した。

〔写真1〕ミサワホーム総合研究所が1988年に開発した「ハイテクキッチン」(出所:ミサワホーム)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕ミサワホーム総合研究所が1988年に開発した「カウチシアターロボット」(出所:ミサワホーム)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真3〕ミサワホーム総合研究所が1989年に開発した「ハイテクバスロボット」(出所:ミサワホーム)
[画像のクリックで拡大表示]

 その後、09年ごろに注目を集めたスマートハウスをきっかけに、住宅のIT化の研究を加速。エネルギーを管理・制御するためのHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)を独自に開発し、「enecoco(エネココ)」という仕組みをつくるなど、住宅の革新に力を注いできた。

 そして、昨今のスマートホームの議論を受け、社内横断型のプロジェクト「ホームOSプロジェクト」を立ち上げて、住まいのIoT統合システムのリンクゲイツを開発、発表したのだ。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら