米マイクロソフト(Microsoft)純正のLinux環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」。Windows 10 1803版(Redstone 4、以下RS4)では、Windows版Linuxと言えるこの機能がいよいよ完成形に近づく。従来はWSL実行中のウィンドウを閉じるとLinux環境ごと消える作りだったが、RS4では常駐が可能になる。

 従来のWindows 10 1709版(Redstone 3、以下RS3)までのWSLでは、WSLを起動したコマンドウィンドウ(bash.exeなど)の終了はWSL環境全体の終了と同義だった。ウィンドウを表示させずにバックグラウンドで動作するような、サーバー系のプログラム(デーモン)の実行には向かない。RS4では、プロセスなどを継続して実行できるようになった*1

*1 ただしWSLでは、Linuxのrcスクリプト(システム起動時に実行される初期設定プロセス。デーモンなどはここで起動する)などをサポートしていないため、一般的なLinuxディストリビューションのようにシステム起動時に自動でデーモンを起動させる使い方はできない。

 使い勝手を大きく変えそうなバックグラウンド動作に代表される、RS4の主な変更点は以下になる。

  • (1)バックグラウンドプロセスが常駐可能に
  • (2)ファイルシステムとネットワーク設定の事前指定
  • (3)Windowsドライブのパーミッション設定が可能に
  • (4)WindowsプログラムとLinuxプログラムの連携強化
  • (5)Windows-Linux環境間でのプロセス間通信

 以上の機能強化を実現するRS4の登場と前後して、新たにDebian GNU/LinuxやKali LinuxといったLinuxディストリビューションがWindowsストアから入手可能になった。開発者が実務に使える環境が着実に整ってきた。

Microsoftストアで入手できるLinuxディストリビューションも増えてきた
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら