1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。日経 xTECH建築・住宅面、過去3カ年分の同時期記事ランキングから振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見があるかもしれません。

 9月30日~10月6日のアクセスランキング1位は、2018年が「『浴槽も壁紙も全部取り替えろ』、無理難題で利益吹っ飛ぶ」、2017年が「SANAA設計の滋賀・新生美術館が入札不落で開館延期」、2016年が「菊竹建築に国内初イコモス危機遺産警告」でした。本日10月3日から10月9日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

2018年9月30日~10月6日

「浴槽も壁紙も全部取り替えろ」、無理難題で利益吹っ飛ぶ

浴室の湿気を1年間放出

信用できない監督に代わって建て主が補修指示

瓦の影で太陽電池パネルが発熱・発火

「所有者は危険だと知っていた」、遺族が問うブロック塀倒壊事故の責任

(イラスト:勝田 登司夫)

2017年9月30日~10月6日

SANAA設計の滋賀・新生美術館が入札不落で開館延期

すぐに逃げられなくなる中廊下式木造(後編)<動画>

前川國男の世田谷区庁舎、プロポーザル最優秀に佐藤総合計画

“安藤忠雄番”が描く感涙安藤展ルポ

設立1年「東京建築AP」で傑作マンションを巡る

2016年9月30日~10月6日

菊竹建築に国内初イコモス危機遺産警告

顧客には、媚びず!甘えず!なめられず!?<後編>

コンペから11年! 伊東豊雄氏の台中国家歌劇院お披露目

新宿野村ビルの長周期対策、新型制振で揺れ時間半減

有孔銅板で覆った交通ハブ施設へ