1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。過去3カ年分の同時期記事ランキングから、振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見が見つかるかもしれません。

 9月10日~9月16日のアクセスランキング1位は、2017年が「国交省初の女性住宅局長・伊藤明子氏の“経験”に学ぶ」、2016年が「方針覆す案を別の有識者会議に、豊洲新市場の土壌汚染対策」、2015年が「ザハ・ハディドは日本的な曖昧さの犠牲者だった」でした。

2017年9月10日(日)~9月16日(土)

国交省初の女性住宅局長・伊藤明子氏の“経験”に学ぶ
女性が組織を伸ばす!

安藤忠雄設計の「小篠邸」をコシノヒロコ氏が語る
何度もの増改築は、「家を『自分のもの』にする過程」

成瀬友梨氏が教職を離れ、設計と育児に全力
設計者夫妻の「今だから話せる苦心」その2

サントリーホール、“世界一の響き”守りつつ大改修
3度目のリニューアル終え、再オープン

漏水トラブル続くぎふメディアコスモス
「結露」「雨漏り」の背景に複雑な屋根形状

2016年9月10日(土)~9月16日(金)

方針覆す案を別の有識者会議に、豊洲新市場の土壌汚染対策

世界一細長い観覧タワーを押し上げ施工で

激減するエアコンの「再熱除湿」
松尾和也の脱!なんちゃって省エネ住宅

“挑発”が経営哲学。「お前に思いつけるか?」
経営は、世界の設計事務所に学べ 01:OMA(Office for Metropolitan Architecture)・ニューヨークオフィス

高さ1.6kmの「世界一高い展望塔タワー」計画
WIRED.jp

2015年9月10日(木)~9月16日(水)

ザハ・ハディドは日本的な曖昧さの犠牲者だった
発注者と監修者、設計者の役割分担の検証を

「小田原評定」は、まちづくりには似合わない
仲原正治の「まちある記」

カビに悩む基礎断熱の住宅で除湿機の効果を検証

コストアップせず、冬に暖かい住宅をつくる
松尾和也の脱!なんちゃって省エネ住宅

「パシフィコ横浜」の隣に378億円のMICE建設
広いホテルや会議室で世界から選ばれる施設を目指す