1年前、2年前、3年前それぞれの今週、どんな記事が読まれていたか――。日経 xTECH建築・住宅面、過去3カ年分の同時期記事ランキングから振り返ってみましょう。忘れていたあんなことやこんなことから、新たな発見があるかもしれません。

 7月22日~28日のアクセスランキング1位は、2018年が「青木淳氏を選定、石上純也氏契約解除の展望台プロポ」、2017年が「『新国立』工期厳守の犠牲者」、2016年が「ナゾのクレームが頻発!いったい、なぜ!?<前編>」でした。本日7月25日から31日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

2018年7月22日~7月28日

青木淳氏を選定、石上純也氏契約解除の展望台プロポ

先端塗料が安藤忠雄の打ち放しを守る

BCS賞、パナソニックスタジアム吹田など16件に

7月24日の五輪開会式まで2年!「順調に進行中」の4会場を都が公開

「風呂死」を防ぐ水回りの水準案、ベターリビングが提示

尾道市は「千光寺公園頂上エリアリニューアル基本・実施設計業務プロポーザル」で青木淳建築計画事務所を最優秀者に選定したと発表した。画像は青木淳建築計画事務所が提案した全景イメージ(資料:青木淳建築計画事務所)
(資料:青木淳建築計画事務所)

2017年7月22日~7月28日

「新国立」工期厳守の犠牲者

住友不動産の買いたたきに厳しい勧告

若者の自死が伝えた「新国立」の現実

拡張を果たした空の玄関口へ

“キャンプ以上、別荘未満”の体験を提供

川人 博 弁護士。1949年大阪府生まれ。東京大学経済学部卒業。78年東京弁護士会に弁護士登録。95年に川人法律事務所を創立。88年から「過労死110番」の活動に参加し、現在は過労死弁護団全国連絡会議幹事長を務める。広告大手の電通で新入社員の女性が過労自殺した事件では遺族側の代理人を務めた(写真:日経アーキテクチュア)
(写真:日経アーキテクチュア)

2016年7月22日~7月28日

ナゾのクレームが頻発!いったい、なぜ!?<前編>

京博・平成知新館など17件にBCS賞

Q.国立西洋美術館を免震改修したのはいつか?

旧"赤プリ"跡地に新たなホテルが誕生

ニューヨークに極小ユニットの集合住宅