閉じる

バック・トゥ・ザ・週間記事ランキング

日経 xTECH

目次

  • 注目の話題は「骨材が“真犯人”」など

    2016年~18年:4月15日~4月21日

     4月15日~4月21日のアクセスランキング1位は、2018年が「骨材がひび割れを起こす“真犯人”」、2017年が「GINZA SIX、開業直前に丸分かり!」、2016年が「耐震工学の専門家、和田章氏が読み解く建物被害の教訓」でした。本日4月18日から4月24日にかけて、本記事で紹介している記事すべ…

  • 注目の話題は「クレーム封じに積水ハウスが秘策」など

    2016年~18年:4月8日~4月14日

     4月8日~4月14日のアクセスランキング1位は、2018年が「クレーム封じに積水ハウスが秘策」、2017年が「ソニービル、建て替えに向けて50年の歴史に幕」、2016年が「虎ノ門ヒルズに超高層3棟、地下鉄新駅と一体開発」でした。本日4月11日から4月17日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを…

  • 注目の話題は「引き渡し直後に多数のひび」など

    2016年~18年:4月1日~4月7日

     4月1日~4月7日のアクセスランキング1位は、2018年が「引き渡し直後に多数のひび割れ」、2017年が「ザハ・ハディドの“遺作”へ」、2016年が「ザハ・ハディド氏が世界に残した作品」でした。本日4月4日から4月10日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

  • 注目の話題は「ミッドタウン日比谷開業」など

    2016年~18年:3月25日~3月31日

     3月25日~3月31日のアクセスランキング1位は、2018年が「東京ミッドタウン日比谷が本日開業!商業エリアの見どころ総まくり」、2017年が「間違ったLEDの取り付けで火災発生!」、2016年が「新宿巨大ターミナルの拡張、続々開業へ」でした。本日3月28日から4月3日にかけて、本記事で紹介してい…

  • 注目の話題は「犯人は結露」など

    2016年~18年:3月11日~3月17日

     3月11日~3月17日のアクセスランキング1位は、2018年が「LED照明が続々故障、犯人は結露」、2017年が「長野市庁舎のRC外壁にひび割れ」、2016年が「京成高砂の40年越し大改造なるか」でした。本日3月14日から3月20日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

  • 注目の話題は「2018年プリツカー賞」など

    2016年~18年:3月4日~3月10日

     3月4日~3月10日のアクセスランキング1位は、2018年が「[特報]2018年プリツカー賞、初めてインドの建築家に」、2017年が「プリツカー賞初!建築家3人が同時受賞」、2016年が「専兼の壁(3)横浜市新庁舎は槇文彦氏がデザイン監修」でした。本日3月7日から3月13日にかけて、本記事で紹介し…

  • 注目の話題は「池袋が前代未聞」など

    2016年~18年:2月25日~3月3日

     2月25日~3月3日のアクセスランキング1位は、2018年が「池袋が前代未聞の『劇場・ホール』街に変身!」、2017年が「『働き方改革』を先導する本社移転」、2016年が「区分所有法前のレトロ住宅、建て替え着手に25年」でした。2月28日~3月6日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読…

  • 注目の話題は「太陽電池パネルが飛んだ」など

    2016年~18年:2月18日~2月24日

     2月18日~2月24日のアクセスランキング1位は、2018年が「4点留めの太陽電池パネルが飛んだ」、2017年が「タマホーム新事業、4000万円の家の実力は?」、2016年が「不明瞭な『新国立』B案の落選理由」でした。2月21日~2月27日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

  • 注目の話題は「太陽電池が発火」など

    2016年~18年:2月11日~2月17日

     2月11日~2月17日のアクセスランキング1位は、2018年が「瓦の影で太陽電池パネルが発熱・発火」、2017年が「省エネ適判って何?」、2016年が「空き缶混入は手抜きではない? 高層建物倒壊の深層」でした。2月14日~2月20日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

  • 注目の話題は「ザハの遺作」など

    2016年~18年:2月4日~2月10日

     2月4日~2月10日のアクセスランキング1位は、2018年が「ザハの遺作、開業したばかりの鉄道駅へ」、2017年が「戸建ての制振はどう効いた?熊本地震のあの瞬間を再現」、2016年が「空き缶混入は手抜きではない? 高層建物倒壊の深層」でした。2月7日~2月13日にかけて、本記事で紹介している記事す…

  • 注目の話題は「ZEHの新戦略」など

    2016年~18年:1月28日~2月3日

     1月28日~2月3日のアクセスランキング1位は、2018年が「太陽光なしもOK、ZEHの新戦略が明らかに」、2017年が「日本初の木造5階建てに大規模木造の期待膨らむ」、2016年が「畳数だけで大丈夫?間違いだらけのエアコン選び」でした。1月31日~2月6日にかけて、本記事で紹介している記事すべて…

  • 注目の話題は「御堂筋の高級ホテルで安藤氏が設計顧問」など

    2016年~18年:1月21日~1月27日

     1月21日~1月27日のアクセスランキング1位は、2018年が「御堂筋の高級ホテルで安藤忠雄氏が設計顧問」、2017年が「竹中工務店が購入した名住宅『聴竹居』とは?」、2016年が「鉄骨溶接不良で三井住友建設を提訴」でした。2019年1月24日~1月30日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを…

  • 注目の話題は「伸びる所員は『言葉』が違う」など

    2016年~18年:1月14日~1月20日

     1月14日~1月20日のアクセスランキング1位は、2018年が「伸びる所員は『言葉』が違う、山本理顕氏」、2017年が「民泊で変わる共同住宅の設計」、2016年が「エアコンの誤解(2)空気は怠け者」でした。2019年1月17日~1月23日にかけて、本記事で紹介している記事すべてを無料で読めます。

  • 注目の話題は「30代若手が最優秀賞」など

    2016年~18年:1月7日~1月13日

     1月7日~1月13日のアクセスランキング1位は、2018年が「木曽町役場プロポ、30代の若手事務所が最優秀賞に」、2017年が「見直し迫る? 設計報酬の算定基準『告示15号』」、2016年が「動画で見る10階建てRC造の壊れ方」でした。2019年1月10日~1月16日にかけて、本記事で紹介している…

  • 注目の話題は「ヌーベル設計のルーブル・アブダビ開館」など

    2015年~17年:12月24日~12月30日

     12月24日~12月30日のアクセスランキング1位は、2017年が「ヌーベル設計のルーブル・アブダビ開館」、2016年が「完成間際の『地下室マンション』確認取り消し」、2015年が「『新国立』大成・梓・隈陣営に軍配」でした。2018年12月27日~2019年1月2日にかけて、本記事で紹介している各…

  • 注目の話題は「筑波大で屋根が崩落」など

    2015年~17年:12月17日~12月23日

     12月17日~12月23日のアクセスランキング1位は、2017年が「筑波大で25トンの渡り廊下屋根が崩落」、2016年が「隈研吾、『失われた10年』が自分を変えた」、2015年が「編集者も驚いたエアコンの誤解(1)暖房」でした。2018年12月20日~12月26日にかけて、本記事で紹介している各年…

  • 注目の話題は「アルミフレキ管は違法?」など

    2015年~17年:12月10日~12月16日

     12月10日~12月16日のアクセスランキング1位は、2017年が「台所の換気でアルミフレキ管は違法?」、2016年が「コンテナを水に浮かべた学生住宅へ」、2015年が「新国立の新整備計画、候補2案を公表」でした。2018年12月13日~12月19日にかけて、本記事で紹介している各年1位の記事を無…

  • 注目の話題は「安藤『冨島邸』を語る」など

    2015年~17年:12月3日~12月9日

     12月3日~12月9日のアクセスランキング1位は、2017年が「20万人超えの安藤展で原点『冨島邸』を語る」、2016年が「高さ日本一への第一歩、常盤橋再開発」、2015年が「採用したい建材・設備メーカーランキング2015 部門別ベストテン」でした。2018年12月6日~12月12日にかけて、本記…

  • 注目の話題は「ぎふメディアコスモス『8つの不具合』」など

    2015年~17年:11月26日~12月2日

     11月26日~12月2日のアクセスランキング1位は、2017年が「ぎふメディアコスモス『8つの不具合』」、2016年が「階数偽装に最後通告の『赤紙』」、2015年が「完売マンションの建築確認を取り消し」でした。2018年11月29日~12月5日にかけて、本記事で紹介している各年1位の記事を無料で読…

  • 注目の話題は「NYの『幻の地下鉄』」など

    2015年~17年:11月19日~11月25日

     11月19日~11月25日のアクセスランキング1位は、2017年が「NYの『幻の地下鉄』、90年の時を経て開通」、2016年が「『そうだったのか』、今年も村野藤吾の手すりに酔う」、2015年が「偽装=傾斜? 杭騒動の正体」でした。

日経 xTECH SPECIAL

建築・住宅

もっと見る