「異能」ともいえる際立った能力や実績を持ち、周りから一目置かれるエンジニアの素顔に迫る。今月は、NTTコミュニケーションズでクラウドサービスを開発しているネットワークエンジニアの川上雄也氏。「日本ネットワーク・オペレーターズ・グループ(JANOG)」などのコミュニティーでも目立った活躍をしている。今回は、コンピューターとの出会いから今までの人生について聞いた。なお、同氏はNTTグループの組織見直しにより7月1日付けでNTT Ltd. Groupに所属が変わったが、引き続き同じ業務を担当している。

(聞き手は大森 敏行=日経 xTECH/日経NETWORK)


前回から続く)

 初めてコンピューターに触れたのは、中学生の頃にお絵かきソフトを使っていたときです。高校の時期には、ゲーム音楽を耳コピーでMIDIデータにしていました。それで作曲をやって、同人CDを作ったりしていました。

[画像のクリックで拡大表示]

 Webサイトも作っていました。MIDIファイルを公開して、カウンターなどを設置していました。大学に入るときにはPHPを少し書けるようになっていました。

 2005年に東京大学の理科1類に進学しました。それまでコンピューターを触ってはいましたが、プログラミングを本格的に始めたのは20歳くらい、大学2年の後半からです。

 大学ではJavaやCでスタックやキューを実装するという授業がありました。アルゴリズムの課題が出るのですが、全然分かりませんでした。そのときは友達に手伝ってもらっていたくらいのレベルです。

 3年生から工学部 電子情報工学科に入りました。ネットワークをテーマにした江崎浩先生の研究室です。先生のIPやTCPの授業を聞いて「IPはすごい」と感銘を受け、僕はこれをやっていこうと思いました。

 大学4年生の4月にプログラミングのアルバイトも始めました。きっかけは、2008年3月にドワンゴで開かれた「1000speakers:3」というイベントです。自分は「ポエム共有ソフトを作ろう P2Pアプリケーションの基礎と実装」という発表をしました。

 当時は「Winny」などのP2Pアプリケーションが話題になっていて、P2Pアプリケーションの実際の実装はこんな感じだと解説しました。そのときに当時のドワンゴで研究開発のトップだった方に「アルバイトを募集しているからおいでよ」と誘われました。

 ドワンゴではニコニコ動画のバックエンドをC++とPHPで開発していました。アルバイトをしていたのは1年と少しの期間です。修士課程に進学して時間がとれなくなって辞めました。

 2009年に同じ研究室の大学院に進みました。自分は仮想マシン系の研究をしていました。ルーターの余ったコンピューティングリソースを使って、何か面白いことができないかというものです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら