「異能」ともいえる際立った能力や実績を持ち、まわりから一目置かれるエンジニアを1カ月に一人ずつ取り上げ、インタビューを掲載する。今月取り上げるのは、テスト駆動開発(TDD)の日本での第一人者として知られる和田卓人氏。JavaScriptのテストフレームワーク「power-assert」の作者でもある。最終回である今回は、power-assertの開発やテストに対する考え方などを聞いた。

(聞き手は大森 敏行=日経 xTECH/日経NETWORK


前回から続く)

 自社製品を開発しようとワークフローエディターを自作して得たJavaScriptのスキルセットは、ぼくの大きな財産になりました。ワークフローエディターはかなり複雑なソフトウエアなので、テストコードなしでは開発は困難です。そこでJavaScriptのテストについてもいろいろ調べてみました。しかし、JavaScriptのテストの仕組みは当時はまだ全然発達しておらず、ほぼ手探り状態でした。

[画像のクリックで拡大表示]

 2011年にはJavaScriptのテストの講演を始めており、JavaScriptのコミュニティにも出入りするようになっていました。2011年3月には「Shibuya.js」というJavaScriptのイベントに呼んでもらい、「jsテスト放浪記」というタイトルでJavaScriptのテストについての講演をしています。

 JavaScriptのテストの仕組みにはスタンダードがなかったので、当時はいろいろ試していました。ワークフローエディターを作っていた頃は、jQuery(注:JavaScriptをシンプルに記述できるようにするライブラリ)のテストの仕組みを使っていました。後にQUnitと呼ばれるようになるものです。

 そのうちJavaScriptのテストの知見がたまってきて、JavaScript業界でのアウトプットが増え始めました。それまでぼくのキャリアの中心になっていたJavaやRubyに比べ、JavaScriptはテストの文化やテストの書き方を含め、テストに対する取り組みはかなり遅れていました。裏返すと、ぼく自身が影響力を発揮する余地があったのです。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら