最近、筆者のところに企業の商品企画や技術部門からの相談が増えた。『商品のイノベーションを狙ってさまざまな手法を試してみたが、いつも結局「ワイガヤ」で終わる。なんとかしたい』のだそうだ。

 聞けば、リーンスタートアップ、アジャイル、スクラム、ハッカソン、アイデアソン、デザイン・シンキング、オープンイノベーション、共創など、さまざまな流行りの手法に取り組んできたとのこと。しかし、それだけやっても奏功しないという。商品づくりの現場が抱える「イノベーション疲れ」は、深くて激しい。

 そこで今回は、流行りの手法で本当にイノベーションを起こせるのかを考えてみた。

イノベーションは、普遍的な常識破りの発想が起こす

 「イノベーション」にはスタンダードな定義がないので、ここではイノベーションを「常識破りの変革」と考える。そして、「常識破りの変革」を起こすのは、「常識破りの発想」である。つまり、イノベーションを起こすのは、「常識破りの発想」であることになる。

 とは言え、「常識破りの発想」が常にイノベーションを起こすわけではない。例えば、奇をてらったものや限定的なものはダメである。長期的視点では、イノベーションが社会にもたらすものは、実のところ「新たな常識」であるからだ。

 これは、イノベーションを起こす常識破りの発想が、何かしら「普遍的」なものでなければならないことを意味する。つまり、イノベーションを起こすのは、「普遍的」な「常識破りの発想」なのだ。

新発見と新発明は、普遍的な常識破りの発想を生む

 そのことを確かめてみよう。

 よく知られるように、新たな自然法則(新発見)と、新たな科学技術(新発明)は、しばしばイノベーションを起こす。しかし、新たな自然法則・科学技術そのものがイノベーションを起こすわけではない。実際には、「この法則や技術は、こういう風に役立つのではないか」といった、それらをベースとする「発想」がイノベーションを起こす。

 自然法則・科学技術は「普遍的なもの」であるから、それらをベースとする発想も「普遍的なもの」となる。一方で、新たな自然法則や科学技術は、まだ世の中に知られていないものだから、それらをベースとする発想は、既に世の中に知られているものをベースとする発想である常識とは全く異なる「常識破りの発想」となる。

 つまり、新たな自然法則と科学技術は、「普遍的」な「常識破りの発想」を生む。だからこそ、新発見と新発明はイノベーションを起こす。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら