北朝鮮による核・ミサイル開発の脅威が、住宅地において新たな施設ニーズを生みつつある。核シェルターだ。

 北朝鮮が弾道ミサイルを発射する事態に備え、国内では全国瞬時警報システム(Jアラート)が整備され、携帯電話や防災無線などで市民に警告できるようにした。政府は、ミサイルが発射されたという情報を受けた場合に、近くの頑丈な建物内や地下に避難するよう勧めている。

 とはいえ、戸建て住宅などを中心とした住宅地において、そのような場所は限られている。日本核シェルター協会の調査によると、スイスやイスラエルは全人口を収容できるシェルターを持つのに対し、日本には人口の0.02%分のシェルターしか存在しないのが実情だ。

 こうした状況を踏まえて、核シェルターの需要が増すとにらむ住宅会社が現れ始めている。九州で注文住宅や宅地開発を手掛ける七呂(しちろ)建設(鹿児島市)は、その1つだ。同社は2017年11月に核シェルターの輸入販売に着手した。販売するのは、米国の大手シェルターメーカーであるアトラス・サバイバル・シェルター社(カリフォルニア州)の製品だ。

[画像のクリックで拡大表示]
七呂建設が輸入・販売する家庭用核シェルターのイメージ。2週間の避難生活を想定した設備を設置している(出所:七呂建設)

 アトラス・サバイバル・シェルター社のシェルターは、米国の連邦緊急事態管理庁(FEMA)が整備した避難所に関する基準などを踏まえて設計されている。既に世界十数カ国に輸出されており、日本では七呂建設が初めて輸入した。発注から輸入、設置までには約半年を要する。

 年間約200棟の住宅建設を受注する七呂建設によると、まだ受注にまでは至っていないものの、販売開始から1ヵ月で53件の問い合わせがあった。販売から5ヵ月近くが経過したが、購入希望者や取り扱いを検討する同業他社などから毎月50件前後の問い合わせがある。18年4月時点で、実際の導入に向けて10件ほど具体的な検討が進んでいるという。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら