「ウチの会社、上司の意思決定が遅くて、プロジェクトのスケジュールがいつもカツカツ。正直、やっていられないよ」

 都内にある某企業のIT職場に勤めるS氏(35歳・男性)はそう言って、下を向く。プロジェクトの投資判断や要件定義、システム開発ベンダーの選択。その全ての決定に時間がかかる。上司がなかなか決めてくれない。部下はいつまでも、上司に説明するための資料作りや会議に追われて、プロジェクトがキックオフする前に既にヘトヘトだ。こんな日々が続けば、誰だって「やっていられない」と言いたくなる。

 「実は転職活動をしているんだ。外資系企業からは内定をもらっている。いま関わっているプロジェクトがあるんだけれど、どうせまたキックオフまでに時間がかかるだろうから、夏のボーナスをもらったら辞表を出すつもりだ」。こうしてIT職場のエンジニアが1人、また1人、会社を去っていく。

「決めない」ことが優秀な社員を会社から遠ざける

 「部下からの提案に何かと理由をつけて、上司が突き返してくる」「社内向けの資料作りや会議がやたら多い」「部門長同士で綱引きばかりしていて、プロジェクトがキックオフできない」「決裁プロセスが煩雑で、事務手続きに時間がかかりすぎる」。

 日本企業にありがちな「決めない」「決まらない」というトラップの数々。決めない、決まらないが続くと、優秀な社員ほどその会社から遠ざかろうとする。S氏のように、会社を辞めていく人が後を絶たない。

 理由は単純。その会社にいても「自分は成長できない」と感じるからだ。意思決定が早いA社と遅いB社。社員の成長スピードはどちらが早いか。誰でもA社と答えるだろう。

 A社の社員は既にプロジェクトを進めているのに、B社の社員はキックオフする前の資料作りや会議で、早くも疲弊している。資料作りばかりやらされて、エンジニアは自分のスキルアップにつながると思えるだろうか。普通は思えない。当然、経験できるプロジェクトの数に差が出てくる。

 エンジニアは経験値の多さが、その人の価値に直結しやすい。だから決めない、決まらないIT職場は、そこで働く社員の成長機会を奪っていく。

「決めない」「決まらない」が悪影響を及ぼすIT職場の問題地図
(出所:あまねキャリア工房)
[画像のクリックで拡大表示]

 「本当に申し訳ありません。上司がなかなか決めてくれないもので。あと1週間、お待ちいただけますか」。IT職場の社員が泣きそうな顔で頭を下げる。今日はシステム開発を依頼するベンダー選定結果の回答期限日。なのに上司はまだ決めかねている。

 部下は熱意を持って、仕事に取り組んでいる。いち早くプロジェクトを開始したい。でもスタートが切れない。こんな状況に置かれた部下は、本当にかわいそうだ。仕事に対して熱量が高い人ほど、「(上司が)決めない」ことが、その人のモチベーションを下げていく。付き合う相手にも申し訳ない。それが何度も繰り返されると恥ずかしいし、情けなくなる。そしてある日突然、会社への愛着が崩れ去る。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら