「ウチのエンジニアはコミュニケーション能力が低くくってさあ。困っちゃうよ」

 こうした嘆きをIT企業の経営者やIT職場の管理職から、よく聞かされる。確かにエンジニアは営業職の人たちなどに比べれば、寡黙な人が多い印象はある。筆者もIT企業で働いた経験があるので、人前でうまく話せなかったり、プレゼンテーションに苦手意識を持っていたりするエンジニアを大勢見てきた。それはそれで確かだ。

 しかし本当に、エンジニアはコミュニケーション能力が低いのだろうか。筆者の答えは「ノー」。断言してもいい。

 「エンジニアはコミュニケーション能力が低い」。これは大いなる誤解である。

「コミュニケーション」の見方が偏っていて古い

 IT職場で上司はエンジニアのどこをどう見て、「コミュニケーション能力が低い」と言っているのだろうか。先日、筆者は経営者が集まる場で講演をする機会があった。そこで参加者に直接、聞いてみた。彼ら彼女らの答えは概ね、次の通りだった。

・あいさつをしない
・説明がしどろもどろ
・報連相ができない
・電話に出ない、電話対応が苦手
・人前でアガってしまう

 なるほど。筆者が想像していた通りの答えが全て出そろった感じである。だがこれらは全て「口頭での対話」であることに、どれだけの人が気づいているだろうか。

 どうやらマネジメントの立場にある人は「コミュニケーション=対面の会話」と考えている人が多いようだ。しかしそれだけで、部下(エンジニア)のコミュニケーション能力が低いと決めつけてしまうのは、あまりにももったいない。もっと強くいえば、誤解も甚だしい。

 対面のコミュニケーションを苦手とする人はエンジニアに限らず、結構多くいるものだ。筆者の経験では、これはエンジニアに限った話ではない。その人の性格や特性である。

 一方、チャットやSNSなど、非対面でのデジタル空間では「とても饒舌(じょうぜつ)になるエンジニア」を、筆者はこれまた数多く見てきた。

 口頭での説明はしどろもどろでも、メールやチャットでは大変論理的で、分かりやすく物事を伝えてくれるエンジニアが大勢いる。きちんと考える時間を与え、伝えるべき情報を整理してから話したい(メールやチャットを書きたい)。そういう人だっているのだ。

 あいさつやプレゼン、口頭での報連相など。対面の会話だけをとらえて、「あいつはコミュニケーション能力が低い」と決めつけてかかる。それはいささか、強引ではないか。

 確かに20年前はそうだったのかもしれない。しかし、デジタルネイティブ世代が社会人の主力になりつつある現代。上司が考えるコミュニケーション能力の常識自体が「古い」のかもしれない。

 そんなふうに考えたことを、経営者や管理職は一度でもあっただろうか。おそらくないはずだ。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら