「省エネ住宅」の正体を知るべく開始した、15時間耐久の宿泊体験。室温の変化や感想などを記録していくと、旧来の木造住宅との「住み心地」の違いがいくつか浮かび上がってきた。おりしも実験当日は最低気温が氷点下の予報。後編では一晩経過した翌朝の様子をレポートする。

 熟睡。午前5時50分にアラームが鳴った。起床時間はいつもとあまり変わらないのでスムーズに目が覚めた。

 前日の午後5時から相羽建設(東京都東村山市)のモデルハウス「つむじ」に、宿泊体験のために来ている。目的は、国が推進する「省エネ住宅」普及のヒントを探るため。環境省の「COOL CHOICE ZEH体験宿泊事業」という取り組み(この記事の執筆時点ではすでに終了している)を利用して、午後6時から翌朝、午前9時まで「省エネ住宅」で室温を記録しながら、そこでの暮らしを体験しているところだ(前日の様子は「15時間の対決!省エネ住宅と築20年住宅はどっちが快適?」を参照)。

相羽建設のモデルハウス「つむじ」。氷点下の朝を迎えた(撮影:渡辺 圭彦)
[画像のクリックで拡大表示]

 前日の夜までに気が付いたことは以下の通りだ。

  • 断熱性が高いので、玄関に入った瞬間に暖かさを感じる
  • 日中の太陽熱を逃がさないので、夕方、日が落ちても家の中が寒くない
  • 1階と2階で気温差がほとんどない
  • 風呂上がりに湯冷めしにくく、着込まなくてすむ
  • 同じ室温でも旧来の住宅より暖かく感じる
  • 真冬なのに暖房を一切つけずに過ごせた

 いずれも予想の範囲内ではあるが、実際に体験してみると、旧来の住宅との違いにはやはり驚かされる。「つむじ」は建築家の伊礼智氏が、自然エネルギーを活用するパッシブデザインの手法で設計した。ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に相当する断熱性能がある。また、屋根で集熱して暖めた空気を床下に蓄熱する「OMソーラー」という設備も搭載しており、家全体がまんべんなく暖められている。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら