「ロールケーキ」のような形が目を引く、福島第1原発・3号機原子炉建屋のカバー。鹿島・清水建設・竹中工務店・熊谷組・安藤ハザマJV(以下、鹿島JV)と東芝の手で2017年1⽉に始まった設置工事は、当初の予定よりも半月ほど工程を短縮して18年2月に無事完了した。廃炉の現場を約7年間にわたってリポートした書籍「すごい廃炉 福島第1原発・工事秘録<2011~17年>」の筆者が、工期短縮の秘密を解説する。

建設途中の3号機のカバー。大型ユニット化したドーム屋根の部材を、遠隔操作式のクレーンで吊り上げている(写真:東京電力HD)
[画像のクリックで拡大表示]

 「燃料取り出し用カバー」とは、事故当時に原子炉建屋の最上階のプールで保管されていた使用済み燃料を取り出すための構造物だ。作業に使用する「燃料取り扱い機」や「クレーン」などの設備を載せ、全体をドーム屋根で覆う。ドーム屋根には風雨を遮ったり、作業中に放射性物質が飛散するのを防いだりする役割がある(形状の由来や構造設計の考え方については3月15日に公開した前編を参照)。

 3号機は1・4号機に比べて爆発の規模が大きく、周辺の放射線量が高いため、カバーの建設時には作業員の被曝を減らす工夫が欠かせない。カバーを設計した鹿島原子力設計室の松尾一平設計室長は、「設計と施工が一体となった計画を追求した」と話す。

 松尾設計室長はまず、カバーの部材をできるだけ大きなサイズに「ユニット化」することにした。作業員が現場でボルト接合する箇所を減らし、作業時間を短縮する狙いがある。

 工事には、建屋の西と南に配置した遠隔操作式の600t吊りクローラークレーン2台を使う。このため、各ユニットの重量はクレーンの揚重能力などから逆算して決めた。

 全長57mのFHMガーダー(燃料の取り出しに使用する設備を載せる巨大な橋桁)は二十数個に、高さ18mのロールケーキのようなドーム屋根は16個に分けて事前に製作。福島県いわき市の小名浜港に仮置きしておき、工事の開始に合わせて福島第1原発まで台船で海上輸送した。原発では廃炉に向けて様々な工事が並行して進んでおり、資機材を仮置きしておくスペースを確保するのが難しいからだ。

3号機の燃料取り出し用カバーの図面と、設計上の工夫(資料:東京電力HDの資料を基に編集部が作成)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら