ソニーの新型aibo(アイボ)を語るシリーズ、連載第2弾は中小電機メーカー風の芸術ユニット「明和電機」の代表取締役社長である土佐信道氏を迎え、実機に触れての感想を聞いた。土佐氏は独自に製作した工学製品を用いるライブパフォーマーであり、そうした製品のプロデュースも行っている。aiboへの期待や課題を、ロボットの「アニミズム」(無生物に生命を吹き込むこと)を切り口にして語ってもらった。(聞き手=内田 泰、内山 育海、構成=赤坂 麻実)




「得体の知れなさ」は醍醐味

 新型aibo、ソニーらしいなと思います。まじめにしっかり作られていて、成形もきれいです。目をどうするかは悩んだんでしょうね。(有機EL)ディスプレーだから、映そうと思えば、ハートマークでもはてなマークでも何でも表示できてしまう。それはやらない考えなんでしょうが、目のハイライト(白く光る部分)は映像で入れてあるんですね。

明和電機 代表取締役社長の土佐信道氏
aiboが鼻の魚眼カメラで撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 本当は、無表情の方がかえって自由に感情移入できるのかもしれません。日本人には人形浄瑠璃(じょうるり)の人形や埴輪に感情移入してきた歴史がありますし、芸術家たちも大昔から、彫刻にしろ人形にしろ、生命がないものに生命を吹き込むアニミズムを実践してきました。

 僕は大学時代に自動人形(オートマタ)を作りましたが、自分の作った人形であっても、独特の気持ち悪さは感じていました。人間とは違う無機物が人間っぽく動くのって本能的に「なんかヤバいぞ」という気持ちにさせられるんですよ。どこか恐怖心を抱いてしまうところがあって、それがエンターテインメントになる。中世ヨーロッパのオートマタや江戸時代のからくり人形もそうです。怖いから、不思議だから、面白い。

明和電機のオタマジャクシ型電子楽器「オタマトーン」の顔をaiboに装着した様子
「やっぱり犬は犬の顔の方がいいですね」と土佐氏
[画像のクリックで拡大表示]

 aiboも、コミュニケーションし切れない部分が得体の知れなさを醸し出していて、そこが醍醐味でもあると思います。家電なら、スイッチを入れてボタンを押せば、決まった仕事をしますが、aiboみたいなコミュニケーション型のロボットはそうじゃない方がいい。Aのスイッチを押してAの動作をするばかりじゃ、むしろつまらない。入力に対して、まるで違う答えを出してきて、こちらをドキッとさせる演出が、こういうロボットには必要なんだと思います。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら