(1)改正後5年間の出題傾向

 土質基礎は業態によって調査、設計、施工の分野に大別できます。下の表は、改正後の2013年度から17年度までの5年間の出題概要です。II―1は4問から2問を、II―2とIIIは2問からそれぞれ1問を選択します。

 土質基礎の記述式試験では全体の半分以上を調査や設計の分野が占めており、これらの分野の勉強は外せません。IIの問題は範囲が広く、テーマも多岐にわたりますので、自分の専門以外の分野についても対応する必要があります。

 主に応用能力が求められるII―2では、施工の分野も含まれています。例えば17年度のII―2―1は鉄道に近接する軟弱地盤上の橋台基礎が、II―2―2は豪雨の後に見つかった切り土法面の変状がテーマでした。様々な要素が盛り込まれた図を読み取る設問が定着し、詳細な内容について問われるなど、設定される条件は難しくなる傾向にあります。実務経験を踏まえた解答が求められており、自身が専門とする範囲を深く勉強することも欠かせません。

 課題解決能力を問うIIIの出題では、地盤構造物全体を対象としています。「防災や減災」、「技術者不足や生産性の向上」、「維持管理・更新」といった時事的なテーマを中心に、「品質管理」などの普遍的なテーマも押さえておきましょう。17年度のIII―1では、盛り土や擁壁などの地盤構造物に関する生産性の向上について問われました。調査や設計、施工、検査、維持管理・更新の各段階の中から選ぶ形です。構造物のライフサイクル全般にわたる幅広い視点を養うことも必要です。III―2のテーマは地盤に関する防災・減災でした。災害誘因と自然素因、社会素因の三つの視点から課題を列挙したうえで、対応策や対応策を講じる際の留意点、取り組むべき技術開発まで述べる内容です。

 現状から課題、解決策、残存リスク(留意点や課題)までの流れを意識し、国土交通白書や国土交通省のウェブサイトに掲載された審議会などの情報を収集しておけば、論文をまとめるのに役立つはずです。

問題番号 出題概要 分野
2017年度 II 1―1 ダルシーの法則と適用上の留意点、原位置と室内で実施する飽和透水係数の試験の留意点 調査、設計
1―2 液状化の発生メカニズム、標準貫入試験と室内の土質試験で簡易に判定する方法 調査、設計
1―3* 土留め掘削における盤ぶくれの発生メカニズムと防止策、適用における留意点 施工
1―4 静止土圧と主働土圧、受働土圧の概要、各土圧を用いて設計する構造物の種類 設計
2―1 杭基礎の新設道路橋の橋台および周辺地盤に生じる変状と照査方法、調査と試験の方法、対策工法の概要と設計・施工上の得失 調査、設計、施工
2―2 幹線道路に面する切り土法面で豪雨の後に見つかった変状への緊急対策と留意点、崩壊形態と要因、恒久対策に必要な調査と得られる情報 調査、設計、施工
III 1* 地盤構造物の健全性の確保や維持管理・更新の効率化につながる生産性の向上を図るうえで、各建設段階における課題と対応策、効果や留意点 調査、設計、施工
2 地盤に関する防災・減災において、災害誘因と自然素因、社会素因の視点から検討すべき課題と対応策、留意点と取り組むべき技術開発 調査、設計、施工
2016年度 II 1—1 地盤の圧密現象、正規圧密粘土の沈下量や沈下時間の予測に必要な要素と結果に与える影響 調査、設計
1—2 水平方向地盤反力係数の定義と利用にあたっての留意点、試験による推定方法 調査、設計
1—3 盛り土の締め固めの目的と施工管理の方法および留意点 施工
1—4 杭基礎の周面摩擦力の算出方法と極限支持力を求める場合の留意事項 設計
2—1 鉄道高架橋や道路、住宅街などに近接して開削トンネルの土留めを掘削する際の設計・施工の検討項目と対応策および留意点 設計、施工
2—2 軟弱地盤上に道路機能を有する堤防をかさ上げする際の地震時の被災形態と耐震性の照査、対策工の原理と設計・施工上の留意点 調査、設計、施工
III 1 地盤内構造物の調査・設計・施工の各段階における不具合の原因と課題、品質確保のための対応策と対策時の問題点や留意点 調査、設計、施工
2 地盤構造物の調査や設計、施工、維持管理の段階におけるICTの活用方法と課題、解決策と実施時の留意点 調査、設計、施工
2015年度 II 1—1 CU試験とCD試験の概要と得られる土の強度定数、安定性検討時の留意点 調査、設計
1—2 重力式擁壁の安定性照査で必要な項目と地盤の物性値 調査、設計
1—3 新設構造物の液状化対策の原理と対策時の留意点 設計、施工
1—4 土留め掘削におけるボイリングの発生原理と安定性の評価方法および防止策 設計、施工
2—1 平面規模150m×100m、地上14階の構造物における杭基礎の計画時の留意点、必要な地盤情報と対応策および留意点 調査、設計
2—2 泥岩上に切り土や盛り土で築く道路の計画における設計・施工上の留意点、隣接工区での変状の原因と予防策の留意点 調査、設計、施工
III 1 維持管理・更新にあたり、鋼・コンクリート構造物と比較したときの地盤構造物特有の課題、技術開発の方向性を含めた対応策と留意点 調査、設計、施工
2 甚大な地盤災害の具体例と要因(誘因と素因)、災害を軽減・抑制するための対応策と課題および留意点 調査、設計、施工
2014年度 II 1—1 標準貫入試験や電気式コーン貫入試験、簡易動的コーン貫入試験、スウェーデン式サウンディング試験の概要と地盤情報および留意点 調査
1—2 抗土圧構造物に作用する主働土圧や受働土圧、静止土圧の定義と設計における利用方法 設計
1—3 中間層における杭基礎支持の設計で確認すべき事項、調査・試験項目 調査、設計
1—4 地すべり災害の素因と誘因、抑制工と抑止工の概要や留意点 設計、施工
2—1 線状構造物の掘削工事における掘削底面の安定で考慮すべき現象、対策案に関する留意事項と調査および周辺への対策 調査、設計、施工
2—2 軟弱地盤上のマンションに隣接した道路盛り土の計画・設計上の検討項目や地盤物性値、調査・試験方法と対策 調査、設計
III 1 鋼・コンクリート構造物と比べた地盤構造物の品質管理について調査や設計、施工の課題と改善策、改善策の効果と留意点 調査、設計、施工
2 経験に基づく工学的判断が求められる局面と理由、工学的判断に期待する技術体系が通用しなくなる要因と影響および解決策、効果と実行上の課題 調査、設計、施工
2013年度 II 1—1 液状化判定時のFL(R/L)におけるRとLの意味や求め方 調査、設計
1—2 Terzaghi(テルツァーギ)の支持力係数や直接基礎の支持力算定で考慮する点 設計
1—3 N値から求められる地盤定数の推定方法と留意点 設計
1—4 山留め掘削時の地盤変状と起こりやすい条件 施工
2—1 粘性土地盤上に築く盛り土の照査項目や留意事項、盛り土端部の擁壁基礎の評価方法、短工期での対策工法 調査、設計
2—2 集中豪雨によって生じた道路の切り土法面の変状に対し、災害発生から本復旧までに実施すべき事項や留意点 調査、設計、施工
III 1 地盤構造物に共通する特性と地震対策の課題、地盤工学と社会制度の両面から捉えた解決策 調査、設計、施工
2 地盤構造物の経年変化による機能低下の特徴、鋼・コンクリート構造物と比べた維持管理の留意点、財政制約の中での維持管理のあり方 調査、設計、施工
* 2017年度のII―1―3の問題は4-1節のこちらに、III―1の問題は4-1節のこちらに出題文と論文構成例をそれぞれ掲載

日経コンストラクション技術士試験対策会員限定です。