2019年10月、米グーグル(Google)が動画共有アプリの米新興企業を買収する検討を進めていると、米ウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。この企業はシリコンバレーに本拠地を置き、30秒ほどの短い動画を投稿して楽しむアプリ「Firework(ファイアワーク)」を19年3月に公開した。

 この企業を設立したのは、写真・動画共有アプリ「Snapchat(スナップチャット)」を運営する米スナップ(Snap)やビジネス向けSNS(交流サイト)の米リンクトイン(LinkedIn)の元幹部である。ロサンゼルスやニューヨーク、東京にもオフィスを構えている。数百万人のユーザーが、マウンテンバイクの腕前を披露したり、ギター演奏の技を解説したりする動画を公開して楽しんでいるという。

 ウォール・ストリート・ジャーナルによると、このアプリは中国の字節跳動科技(バイトダンス)が手掛ける「TikTok(ティックトック)」と競合するという。

TikTokのWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]

 グーグルは2006年に米ユーチューブ(YouTube)を買収した。今では1分間に500時間相当の動画が投稿されるなど、この分野で利用者数トップのサービスとなっている。グーグルは財務情報を開示していないが、アナリストによるとユーチューブは親会社である米アルファベット(Alphabet)の年間広告収入の20%をもたらす事業にまで成長している。同社のルース・ポラット最高財務責任者(CFO)は19年7月、ユーチューブがアルファベット事業の成長に大きく寄与していることを明らかにした。

若者を中心に「超短編」が大人気

 だが、昨今の動画配信市場はユーチューブ買収時の13年前とは大きく異なるとの指摘がある。若い利用者層を中心にTikTokやFireworkのような超短編動画の人気が高まり、従来のサービスから利用者を奪っているという。

 モバイルアプリのマーケティング会社、米センサー・タワーによると、TikTokの米国におけるアプリダウンロード件数は18年後半に「Facebook」「Instagram」「YouTube」「Snapchat」を上回りトップになった。世界ダウンロード数ランキングでは、19年上半期にTikTokが「WhatsApp」「Messenger」「Facebook」に続く4位となり、Instagramを上回った。TikTokの同期間におけるダウンロード件数は前年同期比28%増の3億4400万件に達したという。

フェイスブックやスナップ、ツイッターがライバル視

 こうした市場動向の変化を他社も注視している。スナップは19年2月、米証券取引委員会(SEC)に提出した資料で、TikTok運営のバイトダンスを競合企業のリストに加えた。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、スナップはアプリ内にTikTokと同様の機能を導入したという。米ツイッター(Twitter)も投資家向けの資料でTikTokを競合企業の1社に挙げている。

 米フェイスブックはすでに対抗策を準備している。同社は18年、TikTokに似た「Lasso」というアプリを公開した。米メディアのザ・バージによると、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は19年7月に開催した全社会議で、このアプリでTikTokに対抗していく姿勢を示した。まずはTikTokが勢いをつけていないメキシコなどの市場でLassoを投入。その後、TikTokの主力市場で挑戦するという。

関連リンク:Wall Street Journal
関連リンク:Sensor Tower
関連リンク:The Verge

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら