今やスマートフォンは世界で年間15億台近く販売されている。その台数規模は実にパソコンの5倍。今やスマートフォンは、プラットフォーム上で提供されるアプリやサービスなども含めて巨大な市場を形成している。

 しかし、ここ最近の市場動向を見ると、出荷台数の伸びは低下していた。米Apple(アップル)が2007年に初代iPhoneを投入してから10年。世界スマートフォン市場は2017年に、初めての前年割れを記録した。

スマートフォンの年間出荷台数推移
(出典:米IDC/インフォグラフィックス出典:ドイツStatista
[画像のクリックで拡大表示]

 米国の市場調査会社IDCのレポートによると、スマートフォンの世界出荷台数は、2018年も前年割れとなる見通しだ。

 2017年の出荷台数は14億6500万台で、前年から0.3%減少した。これが2018年は14億5500万台となり、同0.7%減少するとIDCは見ている。同社は先のレポートで、2018年の出荷台数が同0.2%減少すると予測していたが、その後に下方修正した。

5.5インチ以上の「大画面モデル」が市場をけん引か

 ただし2018年後半は、前年の同じ期間から1.1%増え、わずかながらもプラスに転じるとIDCは見ている。その後の2019年から2022年までは、1桁台前半の伸びで推移し、2022年には16億4600万台に達すると同社は予測している。

 今後市場をけん引していくのは、ディスプレーサイズが5.5インチ以上の大画面モデルとIDCは分析する。Appleが2017年11月に発売した旗艦モデル「iPhone X」はディスプレーサイズが5.8インチ、同じく2017年に市場投入した「iPhone 8 Plus」は5.5インチである。一方、iPhone 8のディスプレーは4.7インチ、iPhone SEは4インチで、これらはIDCが定義する「大画面モデル」の範疇には入らなかった。

 Appleは先ごろ新製品イベントを開催し、iPhoneの最新モデルを発表した。この2018年モデルは合計3種ある。

 (1)iPhone Xの後継機で、画面サイズ が5.8インチの「iPhone XS」。

 (2)その上位バージョンで、画面サイズを6.5インチと、過去最大にし、iPhone XSと同じくOLED(有機EL)ディスプレーを備える「iPhone XS Max」。

 (3)そして、6.1インチの液晶ディスプレーを備える、比較的廉価な下位バージョン「iPhone XR」である。

 つまり、これらはすべて、IDCの言う「大画面モデル」。これら新たな3モデルの画面サイズは、発表前に出ていた観測と同じだ。これにより、2018年版iPhoneはの平均画面サイズは、2017年のそれから23%大きくなった。また、2016年モデルの平均サイズと比べると28%大きい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら