米国の市場調査会社IDCによると、世界のスマートホーム機器市場における2018年の出荷台数は5億4950万台となり、2017年から26.8%増加する見通しだ。金額ベースでは2068億ドル(約23兆円)になると同社は見ている。ここで言うスマートホーム機器とは、AI(人工知能)を用いたアシスタントサービスが利用できるスピーカー、テレビ、映像配信端末や、家庭用の監視/見守りカメラ、スマート照明、スマートサーモスタット(室温調整装置)などだ。

 このうち最も活気がある市場分野は、AIアシスタントを利用できるスピーカー、テレビ、映像配信端末の3つ。これらの2018年における合計出荷台数はスマートホーム機器市場全体の71%を占めるという。またこれらは今後5年間、年平均12%の成長率で伸びていくとIDCは予測している。

 IDCによると、とりわけテレビと映像配信端末のカテゴリー(スマートエンターテインメント機器)は金額規模が最大になる見通し。この分野では現在、米Amazon.com(アマゾン・ドットコム)の音声アシスタント「Alexa」がリードしている。しかし、将来は、米Google(グーグル)の「Google Assistant」が優位に立つとIDCは分析している。Googleのサービスを採用する家電メーカーが増えていることに加え、スマートフォンに搭載されているGoogle Assistantが消費者になじみ深いものとなっており、テレビでの需要も高まるという。

対決は「スマートディスプレー」へ

 現在のところ、この市場で中心的な存在となっているのがAIアシスタント搭載スピーカー(スマートスピーカー)だ。AmazonやGoogle、そして米Apple(アップル)が自社製品のマーケティングを大規模に展開しており、消費者の認知度は高まっている。この分野では現在、Amazonが最大のシェアを持っている。だが最近はGoogleの勢いが増し、Amazonとの差が縮まりつつある。

 シンガポールに本部を置く市場調査会社Canalys(カナリス)によると、世界におけるスマートスピーカーの利用台数は2018年年末までに1億台に達する見通しだ。

 2017年末時点における利用台数は4000万台程度だった。これが2018年は前年比145%増と、ほぼ2.5倍になる。そして2020年には2億2500万台と、2018年の2倍以上に達するとCanalysは予測する。

写真1 日本でも販売が始まったAmazonのスマートディスプレー「Echo Spot」
(出所:Amazon.com)
[画像のクリックで拡大表示]

 興味深いのはメーカー各社のシェアだ。Amazonの製品である「Echo」シリーズの2018年におけるシェアは50%超で、同社製品は引き続き過半を占める。これにGoogleの「Google Home」シリーズが30%のシェアで次ぐという。一方、Appleが2018年2月に米国、英国、オーストラリアで発売し、先ごろカナダ、フランス、ドイツでも販売を始めた「HomePod」は、わずか4%にとどまる見通し。今後、市場の拡大とともに、Amazonのシェアは徐々に低下する。2022年にはAmazonとGoogleのシェアが、それぞれ34%となり、両社は拮抗する。しかし、この時点でもAppleのシェアは10%にとどまるとCanalysは分析している。

 AmazonがEchoの初代機を米国で発売したのは2014年11月。いち早くこの分野の製品を市場投入したAmazonはEchoシリーズの製品種が豊富だ。同社はこのほど日本でディスプレー付き端末「Echo Spot」の出荷を開始した。Echo Spotは直径2.5インチの丸形ディスプレーを搭載しており、Echoシリーズの他の製品と同様にAlexaを利用できる。ディスプレーを備えることで、これまでと異なる利用体験になるとAmazonは説明している。

 例えば、動画ニュースを再生したり、天気予報を表示したり、対応する家庭用ネットワークカメラと接続してカメラモニターとして利用したりすることができる。また現時点では利用できないが、将来は2台のEcho Spot間でビデオ通話も可能になるとしている(写真1)。

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら