米国でPrimeの「翌日配達」を本格化

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は先ごろ、米国のPrime会員に提供している配達サービスを迅速化すると発表した。

 同社は日本で当日配達や翌日配達といった急ぎ便サービスを提供している。米国でも翌日配達を実施してはいるが、国土の広い同国では「翌々日配達」が標準的な急ぎ便サービスとなっている。

 だがAmazonは今後、米国でも翌日便をPrime配送特典の標準にする。Amazonのブライアン・オルサブスキーCFO(最高財務責任者)によると、現在翌々日便の対象となっている商品は1億点以上。今後は、翌日便の対象商品も同規模に増やしていくという。

図1 米国のPrime会員が重視する特典。1位は「配達特典」
(インフォグラフィックス出典:ドイツStatista https://www.statista.com/chart/15800/reasons-to-subscribe-to-amazon-prime/ )
[画像のクリックで拡大表示]

物流インフラを過去4年間で3倍に拡大

 米CNBCによると、同社はここ数年間で自前物流ネットワークを拡大しており、既に多くの地域で当日配達や翌日配達を可能にしている。カナダの投資銀行RBCキャピタルマーケッツによると、Amazonの当日・翌日配達は既に米国人口の72%をカバーしている。所得水準が高く、人口の多い16州とワシントンD.C.では既に95%の世帯がこれらの急ぎ便を利用できるようになっている。

 Amazonは過去4年、物流ネットワークに巨額を投じてきたとRBCキャピタルマーケッツは指摘している。フルフィルメントセンターは米国全域に広がり、そのインフラは4年間で3倍に拡大した。Amazonがこの期間に増やしたインフラの規模は、米ホームセンター大手Home Depot(ホーム・デポ)が現在持つ物流施設の2倍に相当するという。

 同社がここに来て、米国のPrime向け配達を翌々日から翌日に短縮すると大々的に発表したのは、それを実現できる規模にまでインフラが整ったからだとCNBCは指摘している。

関連リンク:CNBC

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら