米アップル(Apple)は、まもなく一般公開するiPhoneの次期OS「iOS 11.3」で、利用者が医療機関から自分の情報を手軽に入手できる仕組みを導入する(2018年1月の発表)。iPhoneには健康管理のアプリ「Health」(日本語の名称は「ヘルスケア」)があるが、iOS 11.3のリリースとともに刷新し、新たに「Health Records」と呼ぶセクションを設ける。

利用者の医療情報を集約、iPhoneで管理

 利用者はHealth Recordsを使い、病院などの医療機関から自分のデータを集め、管理できるようになる。その項目は多岐にわたり、例えば病状、治療、検査結果、服薬、バイタル、アレルギー、予防接種などがある。

 この新機能は当面、米国のiPhone利用者に限定したものになる。同社はジョンズ・ホプキンス・メディスン(Johns Hopkins Medicine、所在地:米メリーランド州ボルティモア)やセダーズ・サイナイ(Cedars-Sinai、所在地:米カリフォルニア州ロサンゼルス)といった十数の医療機関と提携しており、これらの患者はすぐに新機能が利用できるようになるとしている。

 これまで患者は、各医療機関に保存された自分のデータを、それぞれのWebサイトにログインして取得し、自身の手で集約しなければならなかった。そこで同社は医療機関と連携し、患者にとってより簡便なアプローチを取ることにしたという。今回開発したHealth Recordsは、電子的な医療記録を転送するための標準規格「FHIR(Fast Healthcare Interoperability Resources)」に準拠している。

iPhoneを基盤とするヘルスケア技術

 アップルはこれまでも、iPhoneや腕時計端末「Apple Watch」を健康・医療情報管理の中心的な端末にすべく、ヘルスケア分野の研究開発に注力してきた。

 例えば、iPhoneにはフィットネス機器や健康管理のアプリからデータを集めて共有するソフトウエア基盤「HealthKit」がある。前述のHealthアプリと組み合わせることで、利用者は自身のデータをiPhoneやApple Watchで確認したり、医師から通知を受けたりできる。

 アップルが開発する健康・医療関連ソフトウエア基盤は、ほかに2つある。1つは医学・医療研究用の「ResearchKit」。iPhone利用者の活動や症状、健康状態を測定・調査するアプリを開発できる。もう1つは「CareKit」。個人の健康・症状・治療データを扱うアプリを開発でき、健康管理のプランを記録したり、症状や投薬治療を管理したりできる。アップルは詳細を明らかにしていないが、iOS 11.3に導入されるHealthアプリの新機能は、このCareKitのコンセプトに近いものになるもようだ。

Apple Watchと連携する血糖値測定センサー

 アップルには、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が最高経営責任者(CEO)時代に着想した、生物医学の専門家で構成する秘密のチームがあるとも言われている。その目的は、非侵襲的(生体を傷つけない)方法で血糖値を測定するセンサーの開発だ。2017年には、ティム・クック(Tim Cook)CEOが自らの腕に開発中の血糖値測定機器を装着してテストしていると伝えられた。

 報道によると、テストしていたのはApple Watchと連携して機能するグルコース継続測定機の試作機。クックCEOは同年、英スコットランドのグラスゴー大学で名誉博士号を受けたが、その際に行った講演でもこの機器について言及している。詳細は明らかになっていないが、同社はApple Watchに装着する時計バンドにこれらの機能を付けることを検討しているとされる。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら