前回説明した生コン発注ルートの1つである直接発注ルートでは、その生コン製造会社に乾燥収縮率の実験データの提供を要望できる。

 現状では、全ての生コン製造会社が乾燥収縮率の実験データを公開しているわけではない。しかし、最近は骨材の収縮を心配する建設会社が増えているので、実験データを提示する生コン会社が増えてきた。

 生コン製造会社、東和アークス(さいたま市)は、住宅会社や建設会社などから要望があった場合に、同社所有の5工場の乾燥収縮率のデータを無料で提示している〔写真1,2〕。いずれも第三者の研究機関や検査会社が調べたデータだ。

〔写真1〕要望に応じる企業も
生コン製造会社、東和アークスは、住宅会社や建設会社の要望に応じて、乾燥収縮率のデータを提示している。現場監督は収縮ひび割れの程度を予測しやすくなる(出所:東和アークス)
[画像のクリックで拡大表示]
〔写真2〕自社所有の5工場のデータを整備
写真は、東和アークスの東松山工場。同社は現在、5つの生コン工場を所有している。全工場でコンクリートの乾燥収縮率のデータを整備している(撮影:日経ホームビルダー)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社技術部の道法和信部長はデータを提示する理由について次のように説く。「日本建築学会のJASS5には、コンクリートの乾燥収縮率の目標値が800マイクロ以下と明記されている。ユーザー企業に安心して生コンを使ってもらうためにも、目標値を満たしている事実を客観的なデータで示す必要がある」

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら