「基礎にヘアクラックが生じる理由はよく分かった。でも、あなたは住宅の専門家だ。なぜ、ヘアクラックを解消する努力をしないのか」

 積水ハウス基礎・地盤技術グループの深井公部長は、8年前、ある建て主から投げ掛けられたひと言が今も印象に残っている。ヘアクラックの発生を問題視する建て主に対し、それが有害なひび割れではない旨を丁寧に説明したつもりだった。だが、建て主は最後まで納得しなかった。

 深井部長によると、ヘアクラックを気にする建て主は、全体でみればわずかだという。それでも、気にする人はそれを重大な瑕疵と考える傾向があり、理解してもらうまでに時間がかかる。「説明責任を果たすだけではなかなか解決しない。何か有効な対策が必要だ」。それ以来、深井部長は抜本的な解決策を考え始めた。

 積水ハウスがヘアクラック対策の切り札として開発したのが「基礎高耐久化シート工法」だ。特許も取得済みで、2015年8月から同社の標準工法として全国展開している〔写真1〕。

〔写真1〕養生シートを貼り付けてヘアクラックを抑制
(写真:積水ハウス)
[画像のクリックで拡大表示]
積水ハウスの基礎高耐久化シート工法の施工方法。自社開発の専用器具を使って、基礎の屋内側にポリオレフィンを基材とする養生シートを貼り付ける。専用器具を基礎に押し付けながら進行方向に動かすだけで施工できる。1時間半から2時間程度で1棟分の作業が終わる(写真:積水ハウス)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら