前回紹介したひび割れの事例は典型的な施工不良だ。しかし、基礎のひび割れ全てが有害とは限らない。基礎のひび割れには「許容されるもの」と「許容されないもの」があるからだ。その線引きとして2つの基準値がある。

 1つは日本建築学会の基準だ。同学会の「鉄筋コンクリート造建築物の収縮ひび割れ制御設計・施工指針(案)・同解説」では、屋外側で幅0.3mm、屋内側で幅0.5mmまでは許容されると記している〔図1〕。

〔図1〕幅0.5mm超は基準オーバー
日本建築学会が示す基準では、屋内側ではひび割れ幅が0.5mmを超えると、瑕疵の可能性が高いとしている(イラスト:浅賀 行雄)
[画像のクリックで拡大表示]

 もう1つは品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)の基準だ。ここでは、幅0.3mm以上0.5mm未満のひび割れは「瑕疵が一定程度存在する可能性がある」、幅0.5mm以上は「瑕疵が存在する可能性が高い」と記している。

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら