1.時間配分を計画する(建設部門 選択科目)

 専門知識と応用能力を問う論文は2時間で4枚記述しなければならないので、当日の時間管理が重要だ。

 答案用紙1枚に記述する時間が25分とすれば、問題を選択する時間や3つの見出しを思い出す時間が5分だとしても、1枚当たり30分。つまり2時間で4枚を仕上げるために余分な時間は一切ない。

 従って試験当日は、問題用紙の裏などにタイムスケジュールを書き、時計を横に置いておくことを勧める。タイムスケジュールを下記に示す。

タイムスケジュール(選択科目)
【均等割りタイプ】 【骨子作成タイプ】
試験時間:12:30~14:30(2時間)
12:30~13:00(30分)1枚目作成 12:30~12:50(20分)4枚分の骨子
13:00~13:30(30分)2枚目作成 12:50~13:15(25分)1枚目作成
13:30~14:00(30分)3枚目作成 13:15~13:40(25分)2枚目作成
14:00~14:30(30分)4枚目作成 13:40~14:05(25分)3枚目作成
  14:05~14:30(25分)4枚目作成

 均等割りタイプは、試験時間2時間を4枚の答案用紙の作成に均等に振り分けたもの。1枚当たり30分。この中で3つの見出しを作成し、それから本文を書くパターンだ。骨子作成タイプは、最初に1枚につき3つの見出し、4枚分で計12個の見出しをメモし、その後、1枚目から書くタイプだ。

 得意な問題が出題されると、ついついたくさん書きすぎてしまう。このタイムスケジュールにのっとり、時間になれば2問目に行かなければ、2問目以降が時間切れで、必要枚数を書けずに不合格になってしまうので注意しよう。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンストラクション」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら