パソコンをより快適に使うためのグッズも、100円ショップで一通りそろえることができる。マウスやライトから、電源コンセントやUSB端子まわりの便利グッズまで、活用すれば使い勝手が向上するものは数多い。

 ダイソーで販売されている「リール式光学式USBマウス」は324円と、100円ショップで扱う商品としては高額だが、家電量販店で販売されている格安マウスとそん色ない。

 左右2ボタンのほかに中央にスクロール用のホイールまで備えており、機能としては十分だ。ケーブルはリール式で、使わない時はケーブルを簡単にまとめられる。ケーブルの長さは80cm程度まで伸ばせるので、無線ほどではないが、パソコン本体から離れていても使える。

 ただ1000円程度で売られている大手メーカー製のマウスと比べると、物足りない点は多い。まず、クリックボタンの押し心地がかなり悪い。軽いクリック音がする。また、ホイールが固く、動かしにくい。連続でスクロールしようとすると指が疲れてしまう。マウスが卓上に接する「ソール」と呼ばれる部分が固く、マウスを動かしにくい点にもイライラする。

 光学センサーの解像度は1000dpiあり、ポインターは滑らかに動く。瞬間移動したり、かくかく動いたりすることは一切ない。押し心地の悪いクリックボタンも、ボタンを押せばちゃんと反応する。長く使う気にはならないが、ちょっとだけマウスを使う必要がある、といった役回りには最適だ。

パソコン用マウスも100円ショップでそろう。ダイソーで販売されている「リール式光学式USBマウス」は、2ボタンでスクロールホイールを備えながら、価格は324円
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
ドライバーのインストールなどは不要。ボタンの推し心地が悪くホイールが固い点などを我慢すれば、十分に使える
[画像のクリックで拡大表示]

この先は有料会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら