閉じる

週末スペシャル

日経 xTECH

目次

  • 女子中高生に大人気の「TikTok」アプリ、中高年が知らない魅力

     「TikTok(ティックトック)」というスマートフォンアプリをご存じだろうか。「聞いたことはあるが、よく知らない」という人は、流行に対する感度が低いかもしれない。

  • 光が揺らめき部屋をおしゃれに、ソニーのランプ形スピーカー

     4月に始まった新生活を機に、部屋のイメージを変えてみたい人も多いだろう。そうしたニーズをばっちり満たしそうなハイレゾ対応のワイヤレススピーカーが登場した。ソニーが2019年3月16日に発売した「グラスサウンドスピーカー LSPX-S2」である。

  • はかないSNS、若者心理にマッチ

     複雑な若者の心理を反映し、SNSの使い方が変わってきている。象徴的なのは「エフェメラル系SNS」の隆盛だ。エフェメラル(Ephemeral)とは「つかの間の」「はかない」の意味。一定の時間がたつと、投稿が自動的に消滅するSNSが人気を博している。

  • 天才ダンサーとAIの競演、不完全さが人を刺激して新境地開く

     天才フラメンコダンサーと彼の足のステップを機械学習したAI装置が競演したら何が起きるのか。全く新しい踊りが生まれる瞬間を筆者は目撃した。

  • 出張のお荷物になっている充電ケーブル、スッキリさせる術

     持ち歩く電子機器は増える一方だ。出先で充電する人は、端末に合ったコネクターを持つケーブルも持っていかなければならない。ケーブルを何本もかばんに詰め込むのは面倒だし、かさばる。そんなときに役立つのが、複数規格のコネクターが付いた「多機能ケーブル」である。

  • スマホが気になって眠れない、使い過ぎ予防に効く便利機能

     スマホが気になって眠れない人が出始めている。そんなときはOSやアプリの「使い過ぎ防止機能」を利用してみることをお勧めする。

  • 触覚デバイスを4分間なめ続ける、「舌の上での旅」という不思議体験

     触覚デバイスの先に付いたあめを4分間なめると、口の中で音や振動、味、匂いなど様々な感覚が混ざり合う。筆者が味わった五感を拡張する未知なる口内体験「Journey on the Tongue(舌の上での旅)」を紹介する。

  • 災害時に役立つ文具、普段も使えるおススメ2品

     2019年3月11日、東日本大震災の発生から8年を迎える。毎年このタイミングで、災害への備えを見直す読者も多いだろう。最近は普段使いができる文具でありながら、災害時の利用まで意識した商品が増えてきた。お薦めしたいのは、油性マーカーの「マッキーワーク」と布テープの「コンパル」だ。

  • 言葉にしにくい体験、MAT2019で世界に1台しかない知覚装置に座ってみた

     2019年3月3日まで、六本木ヒルズでテクノロジーアートの祭典「Media Ambition Tokyo 2019」が開かれている。今回の目玉は「共感覚体験装置」。奇妙な椅子に座り、音と振動と光に身を委ねると五感が拡張された気分になれる。

  • フェンダーの新作Bluetoothスピーカーで聴いてみた

     フェンダーといえばギターやベース、アンプなどの有名ブランドだが、Bluetoothスピーカーも発売している。同社のギターアンプに似たデザインで人気の「MONTEREY」に続き、一回り小さい「INDIO」を2019年2月8日に発売した。買いかどうか試した。

  • 「24時間で消える」という油断、インスタへの不適切動画投稿

     従業員による不適切な行為の動画がSNSで拡散された。いわゆる「ネット炎上」が2019年2月上旬から相次ぎ、テレビでも取り上げられた。投稿先となったのは、写真共有サービスであるInstagram(インスタグラム)の「ストーリーズ」という機能だ。

  • シールで貼る「変なSIM」を香港で使ってみた

     今やスマートフォンは、普段はもちろん、海外旅行にも必須のアイテムとなっています。初めて行く国・地域でも、ネット検索やオンライン地図を使うことで、観光が便利になります。メールやチャットなどのやり取りも、日本にいるときと同じようにできます。

  • なぜスクショ?スマホネイティブ世代がコピペしない理由

     「スクショ」という言葉をご存じだろうか。スクリーンショットの略で、スマホなどの端末画面を画像として保存することだ。言葉自体は以前から使われているが、今どきの若者のネット文化を読み解くうえで、大事なキーワードになっている。

  • Perfumeファン1万2000人のスマホ、Wi-Fi同時接続できたか?

     人気歌手グループ「Perfume」が大みそかカウントダウンライブを開催した。午前0時前後30分を世界中に生中継。その後は会場に詰めかけた1万2000人のファンだけが参加できる、新しいライブ体験を提供した。技術の要は「高効率Wi-Fi」。横浜で全てを目撃した筆者がリポートする後編。

  • docomo×Perfumeの5Gライブに潜入、その瞬間を共有した

     平成最後の大みそか。人気歌手グループ「Perfume」のカウントダウンライブが横浜アリーナで開かれた。会場の熱気を渋谷のスクランブル交差点にドコモが5Gでリアルタイム伝送し、スマホでも生中継。年越しの「瞬間」を離れた場所にいる人たちと共有するプロジェクトの知られざる舞台裏を、横浜で全てを目撃した筆…

  • その音は本物か? 憧れのフェンダーがBluetoothスピーカーに

    見てよし、触ってよし、聴いてよし

     ギターやアンプで有名なフェンダーは、イヤホンやBluetoothスピーカーも発売している。その1つ「MONTEREY TWEED」は、フェンダーのデザインとサウンドへのこだわりが詰まった、音楽を聴くのが楽しくなるスピーカーだ。

  • 錯覚を使って本物以上に、Yoga Book C930のE Inkキーボードはどう作ったか

     レノボ・ジャパンは2018年12月18日、同社の開発拠点の一つである大和研究所にて「Yoga Book Tech Talk」を開催、「Yoga Book C930」の開発エピソードを披露した。開発経緯からC930に搭載した最新E Inkキーボードの優位性などが語られた。

  • 不気味なフィッシングメール、なんとか防げない?

     最近は迷惑メールも巧妙化しており、個人情報やお金をだまし取られるケースも増えている。今回はそんな「フィッシングメール」から身を守る方法をお伝えする。

  • 10万円以下のモバイルPC選び スペック重視かOfficeソフト重視か

    ヨドバシカメラに聞く

     ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで、10万円以下のモバイルPCの売れ筋を調査した。低価格モバイルPC選びのポイントを教えてもらった。

  • ロジクールの変な形の高級マウス 本当に使いやすいのか?

     ロジクールが2018年9月に発売したのが“新次元エルゴノミクス”をうたう縦型のマウス「MX Vertical」。見るからに変わった形状だが、本当に快適なのか。戸田覚氏が試す。

日経 xTECH SPECIAL

What's New!

経営

クラウド

アプリケーション/DB/ミドルウエア

運用管理

サーバー/ストレージ

もっと見る