通常のノートPCならキーボードがあるところに「E Ink」によるモノクロディスプレーを搭載する、レノボ・ジャパンの「Yoga Book C930」。E Inkディスプレーにキーボードを表示してタイプしたり、ペンで手書き入力したりできるユニークな製品だ。レノボ・ジャパンは2018年12月18日、同社の開発拠点の一つである大和研究所にて「Yoga Book Tech Talk」を開催、C930の開発エピソードを披露した。

 イベントに登壇したのは、開発に参加したレノボ・リサーチ横浜Advisory Researcherの戸田良太氏。「Inside E-ink Keyboard」と題した解説では、開発経緯からC930に搭載した最新E Inkキーボードの優位性、表示の切り替えが遅いE Inkを採用しながらもタイピングに追従できる反応ができるようになった理由などを語った。

「Yoga Book C930」の外観。通常のノートPCならキーボードがあるところにE Inkによるディスプレーを搭載する。様々なレイアウトのキーボードを表示できるほか、写真のような手書き入力も可能だ
(撮影:長浜 和也、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 戸田氏は、「他のメーカーが開発した同類デバイスをレノボ・ジャパンがコピーしたと言っている人たちもいますが」と前置きしたうえで、レノボでは2010年代の早期からE Inkキーボードの開発を開始していることを紹介した。

レノボ・ジャパンが取り組んできたE Inkキーボードの歴史
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年6月には液晶ディスプレーとE Inkを搭載した試作機が完成。その結果を踏まえて2016年9月に消費者向け電子機器の国際見本市「IFA 2016」で発表した。その後も研究開発は進めており、2017年3月には平面のディスプレーの上でアニメーションを使って視覚にタイピングした感触を仮想的に再現する「仮想3Dキーボード」のプロトタイプが完成した。Yoga Book C930は、このプロトタイプをベースにした技術を導入している。