英語キーボードで正しく入力できないときの解決方法

 日本語キーボードを英語キーボードに付け替えたときに困るのが、キーの表記通りに入力できないという問題だ。たとえば「Shift」キーを押しながら「2」のキーを押すと、キーの表記通りなら「@」が入力されるはずだが、「"」と入力されたりする。

 Surface ProやSurface Go、あるいはキーボードを交換できるデスクトップパソコンなどでありがちなトラブルだ。今回、Surface Goのキーボードを何度も付け替えていてこの問題に何度も直面したが、これはWindowsの設定変更で解決できる。最後にこの手順を紹介しておこう。

まず「設定」を開く。スタートメニュー左はしの歯車のアイコンをクリックすると開く
[画像のクリックで拡大表示]
「時刻と言語」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
表示が切り替わったら、ウインドウ左側の「言語」をクリックする。Windows 10のバージョンによっては「地域と言語」になっていることもある
[画像のクリックで拡大表示]
ウインドウ右側で「日本語 アプリの既定の言語、Windowsの表示言語」をクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
その下に「オプション」ボタンが表示されるのでこれをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
画面が切り替わって「言語のオプション」が表示される。ここで「ハードウェア キーボード レイアウト」の下にある「レイアウトを変更する」ボタンをクリックする
[画像のクリックで拡大表示]
キーボードのレイアウトを変更するウインドウが開くので、ここでプルダウンメニューをクリックして「英語キーボード(101/102キー)」を選択する
[画像のクリックで拡大表示]
あとは再起動すれば完了。作業中のデータがあれば保存したうえで再起動する
[画像のクリックで拡大表示]

 逆に英語キーボードから日本語キーボードに変更する場合は、プルダウンメニューで「日本語キーボード(106/109キー)」を選べばいい。なお、英語キーボードには日本語入力機能のオン・オフをする「半角/全角」キーがないが、これは「Alt」キー+「~」キーで代用できる。

出典:日経トレンディネット、2018年11月13日
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。