独自の発想でデジタルとアナログをつなぐ製品を次々と発表するキングジムが、スマートプログラムアラーム「Link Time」(1万3200円)を発表した。10月26日に発売する。

キングジム、スマートプログラムアラーム「Link Time」(1万3200円)。10月26日発売予定
[画像のクリックで拡大表示]

 Link Timeは、無線LAN対応の目覚まし時計だ。画面情報が多いことを除けば、デジタル表示の目覚まし時計そのもの。特に上部にボタンがあるのは、いかにも目覚まし時計という感じだ。もちろんスマートプログラムアラームなので、ただの目覚まし時計ではない。

 最大のウリはスマートフォンやパソコンから、細かくアラームを設定できること。スケジュールアプリに細かく予定を登録する感覚でアラームの設定ができる。

 例えば、絶対に起きなければならない日に、5分おきにアラームを鳴らしたり、1年先の大事なスケジュールに遅刻しないように早めに設定しておくなど、曜日によって違う時間にアラームを設定することがラクに行える。確認もスケジュール管理アプリ同様、月、週、日で表示できるから間違えない。ここまで細かく設定できる目覚まし時計ならスマホのアラームよりも使えそうだ。特に、毎日起きる時間が異なる人にはとても役立つ。